記事一覧

12年前の家計簿から当時の生活を振り返る

わが家はなくしちゃいけない書類とかを保管する三段BOXをキッチンカウンターの下に置いています。

すぐ近くに私が書き仕事をする時にも使うダイニングテーブルがあるので、必要な書類を取り出しやすいようその位置です。

障害福祉の事業所との契約書や見学会でもらった作業所のパンフレット、次男の自宅学習用公文のドリルなどなど、結構な量の紙類を保管しているので、時々整理が必要です。

昨日、いつものように書類整理をしていると、懐かしいものが出て来ました。

12年前の家計簿です。

818.jpg


・・・古っ!汚っ!

まぁ家計簿と言っても普通のノートなんですよね。

以前過去記事(わがやの家計簿(一応))でも書いたように、結婚してからずーっと私は普通のノートを家計簿として使っています。

私は、使った金額を書き出すのではなく、その月の予算を書くのが家計簿の目的だから、市販の家計簿は合わないのです。

使った金額ではなく予算の記載を重視するのは、何にいくら使ったとか後から把握することより、予算内で何とかするという意識を強く持った方が、より貯金に結びつくと思うからです。

いちいち買い物するたびに記帳するのが面倒くさいのもありますが←実はこっちが最大の理由?



スポンサーリンク



12年前の家計簿、私と猫がほぼ同等?


ではせっかく発見したので、12年前の家計簿を見てみましょう!


住宅ローン・光熱費・配偶者保険等自動引き落とし 150000円①

私保険・携帯代 7000円

次男・療育園通園費 4500円②

次男・交通費 1000円

次男・ピアノ教室 7000円③

新聞代 3770円

長男・給食費 4000円

長男・学童費 2250円④

長男・学童おやつ代 1500円④

ガソリン代 13000円

配偶者おこづかい 16000円

私おこづかい 3000円

猫費 2000円

食費 35000円

雑費(医療費含む) 15980円



12年前・・・と言うと、長男が小1、次男が5歳くらいかな?

家族構成:夫婦+小学生と幼稚園児、ってとこでしょうか、サンキュ!とかのモデルケースにありそうですね。

ざっと見てとりあえず・・・・

私のおこづかいと猫費が1000円しか変わらないのが泣ける。

まぁこの頃は多分一戸建てに引っ越し猫を飼い始めたばかりで、猫に夢中だった時だったのでしょう。

そして配偶者のおこづかい16000円!・・・今はあげすぎなのかしら、もっと減らしても12年前大丈夫だったんだから今も大丈夫だよね、とか考えてしまいます、むふふ。


12年前の家計簿から見る当時のわが家の最優先事項


補足が必要そうな所には番号つけてみました。

①は引き落としの項目をまとめています。

住宅ローンに光熱費、NHKの支払いや、当時はエコキュートをローンで設置していたのでその支払い(現在は完済)も含んでいます。

②は次男が1歳半の時から通っている療育園の通園費です。

保護者同伴通園だったので、私も一緒に通って色んな訓練をしたりしてました。

③は次男に何か習い事をさせたいなーと思い通っていたピアノの個人レッスン代です。

障害児への音楽療法に興味を持っている先生、と聞いて通い始めましたが、次男もそこまで楽しそうじゃないし、私も通うのがしんどかったので半年ほどでやめた気がします。

④は学童保育の利用料とおやつ代ですね。

次男と私がお盆と年末年始以外は療育園に通っていたため、長男は小学校の敷地内にある学童保育を利用していました。

次男1歳半、長男3歳の時から療育園に通っていましたが、そういえば長男は家の近所の幼稚園に入れるようになるまでの間は、療育園近くの保育所に通っていました。

うちの市だけかもしれないけれど、子供に障害があるとわかった時点で(うちはダウン症だから生まれた直後から)保健師さんからの「療育しなきゃだめよ!」の電話攻撃が始まり、まだ小さい兄弟児をどこかに預けてまで療育に励まなければいけないという現実がとても苦しかった時期でした。

こうしてみると当時のわが家はかなり次男重視の生活であったことが垣間見えますね。


その頃行った旅行の記録もありました



12年前の家計簿をペラペラめくっていくと、月々の予算だけじゃなく、旅行の記録も発見しました。

5月末に一泊二日で和歌山旅行としてアドベンチャーワールドやエネルギー館に行ったようです。

・・・これ私全く記憶にないわ汗。

つい先日アドベンチャーワールドのCMを見て配偶者に「みんなでアドベンチャーワールドって行ったことないからいつか行ってみたいね」とか何とか言った気がする、あわわ。

入園料や高速代、宿泊代金も書かれてるからきっと本当に行ったんでしょうね。。。

8月には奄美大島にも行ったようです。

こちらは・・・なんとなく記憶にあるような?

10年以上前って次男の療育一色だったように思えるけれど、ちゃんとレジャーもしてたんだなぁとちょっとびっくり。

次男と療育園通園中の5年ほどの間も私は在宅で仕事をしていたので、きっと旅行とかの費用は私の収入から賄ってたんでしょうね。

不定期すぎる私の仕事は家計簿に記載してないから収入額の詳細はわからないけれど、確か平均4~5万だったような?

配偶者の収入で生活を賄い、私の収入は家族の楽しみに使う、というスタンスはこの頃から変わってなかったみたいです。


私にとって家計簿は日記代わりでもあります



他にも、ボーナスの予算内訳やその時の資産状況、車を買った時にかかった費用詳細なども書いてあって、読んでいると当時のことが思い出され、まるで日記を読んでいるようでした。

てか、うちの親がお墓を立てた時、私も20万ほど出してるみたいなんですけど・・・私の実家のお墓って私入れないですよね?

・・・入れない墓に何故20万も出した?私?!

・・・今より12歳も若かったし、何かうまいこと言われて丸め込まれたのかしら汗。

まぁ・・・過ぎたことは忘れることにしよう、離婚とかして旧姓に戻る可能性もゼロでないしね・・。

日々気をしっかりもって生きているつもりではあるけれど、人の記憶って本当にあやふやなもので、忘れてることも予想以上にあるようです。

日記はどうにも性に合わない私ですが、家計簿を通して過去の自分を見つめなおすことが出来て良かったです。

どっちかと言うと何でもかんでも捨てちゃう傾向の強い私ではありますが、家計簿だけは捨てずに取っておくようにしています。

たいていのことにお金は関わるものだから、家計簿が私の日記代わりでもあるのです。

みなさんのおうちではどんな家計簿をつけていますか?

時には古いアルバムを眺めるように、むかーしの家計簿を見直してみるのもいいかもしれませんね。



~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の高校生の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです