記事一覧

「親の会」を考える

先日、所属している知的障害者の親の会の学齢期部会に出席しました。

他の親の会がどういう構成なのかはわかりませんが、私の市の親の会は、学齢期の子供を持つ親が所属する学齢期部会と、18歳以上の子供を持つ親が所属する成人部に分かれています。

親の会では、その時々の会員のニーズに合わせてグループホームや短期入居施設を立ち上げたり、会員の子供の余暇活動の充実(プールや体操、音楽療法など)に取り組んでいます。

さて、その親の会ですが、これまたどこの組織も同じかもだけど、会員の高齢化と新規加入者の減少に悩まされております。


高齢化と新規加入者の減少、その理由は?



親の会が抱える悩み、一つ目の高齢化はある程度仕方ない問題ではないかなと思います。

親の会に限らず少子高齢化は日本全体で起こっている現象であり課題だからです。

だけど2つ目の、新規加入者の現象についてはどうでしょう。

障害のある子供を持つ親の一番の心配は、自分が死んだ後の子供のことなのはみんな共通で、自分亡き後子供が安心して生活出来るよう、親の会系列のグループホームに入れたいという人はとても多いです。

だからと言って、子供が成人してから自分が成人部に入り、グループホーム利用と言ういわゆる「会に所属しているがゆえに受けられる恩恵」だけを受けるのはもちろん推奨されません。

だって、親の会に所属するということは、親の会にまつわる各役員や係り等の「お仕事」に延々従事(無給)するということ。

例えば30年親の会で活動してきた人と、グループホーム目当てに数年前に会に入った人と、同じ待遇にしてしまってはどうしても不公平感が生じてしまいます。

現実はそういうこともあるようなので、あくまで「推奨はされない」程度かも知れませんが。

成人部からの加入が「推奨はされない」なら、加入を望まれるのは学齢期部です。

ですが、ここ数年退会者はいても目だって学齢期部員数が増えている様子はありません。

新規加入はたいてい既会員からの勧誘から繋がるケースが多いことを考えると、新規加入者の減少=既会員の勧誘の減少と言えます。


何故新規加入者は増えないのか:言われてみれば納得?



では何故、既会員は自分の周囲の人に親の会への加入を勧めないのでしょうか。


ズバリ自分が親の会に所属していてしんどいからです。

さらに考えてみましょう。

では何故学齢期部会員は親の会での活動をしんどいと感じるのでしょう。

私なりに考察してみた結果以下の理由を思いつきました。

1、親の会に所属していることにより、定期的に役員が回ってくる。学齢期=学校に通っている子供がいるということは、学校の方でも親は役員をしなければならない。運が悪ければW役員、T役員の年もありえる。そちらで手一杯なのに親の会の方でまで役員をするのはきつい。

2、親の会の活動が成人部向けのものが多い。なのに準備等は学齢期部も参加しなければならない。自分の子供が参加しないイベントの準備を、子供を人に預けてでもしなければいけないことに疑問を感じる。

3、現在の親の会の活動・イベントは成人部のための成人部によるもの(に見える)が多く、そこに単なる「人手」として学齢期部会員を組み込まれても、「仲良しグループの中にいきなり放り込まれて言いつけられた仕事を居心地の悪さを感じながらこなすしかない」状態。年齢の違いはあれど同じ会員であるからこそ、不平等と不条理を感じてしまう。

4、学齢期部の会員が、親の会に所属する一番のメリット=グループホーム利用を考えるのはずっと先の話。数十年後にやっと受けられるメリットのためにこの先ずっと今の状態を続けなければいけないかと思うと途方にくれる。

5、そもそもそのグループホームだって、今現在におけるまで成人部の希望を受けて建設を続けて来た結果、会が保有する資金は底をつきかけている。自分の子供がグループホームを利用する数十年後に、果たして今の成人部会員と同等の条件で利用できるのか?疑問。例えば現在新規のグループホームに入居時にはA万円(具体的な数字は伏せます)の入居一時金が必要だけれど、それを払いさえすれば入居予定の部屋の備品(エアコンやベッドなど)まで親の会が負担している。入居一時金自体が一般的に考えてかなり安い上に、備品まで用意するのは大盤振る舞いにさえ見える。自分達の時に同じ待遇が受けられるとは思えないので、不公平に感じる。


スポンサーリンク

苦労の継承なんて何の意味もない



①に関しては多分どなたにも「そういえばそうよね~」と言ってもらえると思います。

では②以下はどうでしょう。

②~⑤の理由に現れているのは「不公平感」「使われてる感」。

この2つの感情が居心地の悪さやモヤモヤを生んでいるように思います。

私も役員をしていた頃、役員会のたびにモヤモヤを抱えていました。

例えば・・・。

親の会とは言え実際にみんなを引っ張っていってくれる理事さんが中心になって活動しているあたりは学校のPTA役員と同じですが、その仕事量がハンパない。

フルタイムの仕事並みのお仕事を日々こなしている理事さんたちに対して、僅かでもいいから報酬なり、せめて交通費くらい全額出してもいいのでは?(市外での活動に関しては出るが市内での移動には出ない)と言う意見が何度も出たことがあります。

その度に成人部の上の世代の方々から言われる言葉が「私達の時もそんなものはもらってない」。

だから今の理事ももらう理由がない、と言うことでしょう。

そして「私達の時はもっと大変だった」。

確かに数十年前は障害児教育も障害者への理解も今より広がっていなかったと思います。

みなさんすごくすごく大変な思いをされながら子育てしてこられたのだろうなぁと言うのはわかります。

ですが、下の世代のせいで上の世代の方々が苦労したわけではないのです。

自分達も苦労したんだからあんたらも苦労しろ、そんな理屈で誰が納得できるでしょう。

親の会を存続していく上で、新規加入者が必要だとしたら、そのあたりのことを少し考えて頂けるとありがたいなと思います。


模範解答はないかも知れない、ただ改善は努力で可能



なんというかあれですよ、改めて現在も問題点やら書き出して思うのは、成人部と学齢期部、双方の交流の場や時間が少ないことも学齢期部のモヤモヤの理由の一つかなと。

そもそも、学齢期部員が感じている不公平感や居心地の悪さって、現在の環境やら仕組みやらから受け取ったこちらの勝手な印象。

例えばクッキー当番の時、上の世代の方々に言われたことを時間いっぱい黙々とする、段取りも手順もわからないし、説明してもらえることもないからそうするしかない、というかそもそもたいして知りもしない人達とクッキーとか焼きたくないし、という状況。

でも上の世代の方だって下の世代の人たちを「タダで使える」人手としか思ってないわけじゃないと思うのです。

自分達が、クッキー焼きは楽しいし、入って間もない若い世代の人たちに、まずはクッキー焼きから親の会の活動に馴染んでほしい、そんな気持ちで活動されてるのではないでしょうか。

…まあそうだとしてもたいして親しい訳ではない目上の人に指示されながらの作業であることに変わりはないのですが汗。


年も違う、生きて来た環境も違うもの同士ですもん、コミュニケーションの積み重ねや意識して情報の共有を行う姿勢なくして分かり合うことなど出来るはずもありません。

「自分達の時はもっと大変だった」、そう繰り返す人に若い世代は何が言えるでしょう。

自分達が当たり前に受け取ってきた療育の知識、機会、各種福祉サービス、それらを受けられないまま子育てをしてきた人達に対して、無意識に「罪悪感」や「引け目」を感じてしまうから、納得出来ない状況にもなかなか声をあげられないのではないでしょうか。

けれど、同じ会に所属する人間同士として上の世代に対して抱くべき感情は、罪悪感や引け目ではなく敬意を伴った仲間意識ではないかと私は思います。

年は違うけど、子供の親としての立場は同じ。

親の会は障害を持った子供の親のための会であって、会のために親が存在しているのではないのだから、平等な立場で話し合う機会や時間を、もっと設けていく必要があると思います。

********

こういう問題はほんと難しいですねー。

夫婦でもよくありますが、結局「自分が一番大変」「いや私の方が大変なのよ」などど、不幸合戦になりがち。

親として、自分の子供が一番なのはみんな一緒だし、それは正しい思い。

その思いを集めてどうやって「会」の将来に繋げて行くか、これからも考えていかなければなと思います。





さてさて気分を変えて、親の会の友達とのランチ報告☆

私のお友達の中でも1、2を争う美女な方と地元のイタリアンに行ってきました。

630.jpg

こちらのお店は前菜やパン・スープがビュッフェ形式で食べ放題です。

これで取りすぎてお腹いっぱいになっちゃことも・・・注意ですね。

6302.jpg

この日のパスタはトマトソースとビアンコ?とやらが選べて、私はトマトのにしました。

具にあら引きのソーセージみたいなのが入ってて、とてもおいしかったです。

6303.jpg

ジェラードが紅茶味だったのですが、その風味が素晴らしかった。

口に入れた瞬間ふわっと紅茶の香りが広がって、控えめな甘さと見事に調和していました。

このお店は石釜パンが売りのパン屋さんも併設されていますが、この日はパン屋さんはお休みでした、残念。

またぜひパン屋さんの営業日にも行きたいと思います。


イタリア料理 トリトン
〒666-0253 兵庫県川辺郡猪名川町差組字向イ201-2
月~金 11:00~21:30  (ランチ 11:00~14:15)
土・日・祝 9:00~21:30 (ブランチ 9:00~11:00 )
不定休日あり



~参加中~ 

にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです