記事一覧

現場実習3日目:親子揃ってだいぶ慣れて来た

ふるさと納税の返礼品が昨日届きました。

過去記事→今年最初のふるさと納税しました

今回は寄付金額¥5000で九州産豚肉切り落とし1.5キロを頂きました。

お肉は4パックに小分けされ、さらにジップロックに入っていました。

6141.jpg

ジップロックの中はこんな感じ。

6142.jpg

小分けされてるとすごくありがたいです。

前回、佐賀牛を1キロもらった時は1パックでどーんと届いて、自分で分けるのに苦労しました(汗。

次にふるさと納税するのはボーナス時期かなと思ってます。




今日は現場実習3日目でした。

現場実習では通常、その施設で出される給食(またはお弁当)をお昼に食べるのですが、うちの次男はミキサー食しか食べられないので家から持参しています。

去年の実習の時は寒い季節だったので、保冷バックに私が作ったミキサー食を入れて持たせたのですが、この時期はやはり怖い(ミキサー食は腐りやすい)ので、区分4の介護食のレトルトを持たせています。

614.jpg

これで1食分、お値段合計千円↑・・・。

介護食って高い上に量が少ないんですよね。

高齢者用なので仕方ないのですが、食べ盛りの子用にと思うと1品1パックでは済みません。

それにしても5日分で¥5000超え・・・施設で出されたものをそのまま食べられるお子さんが心底羨ましいです(汗。



スポンサーリンク



おかずはレトルト、ご飯はこれまた介護用のパックご飯を持たせているのですが、どういうわけか次男はご飯だけこの2日間食べなかったのです。

普段は「ご飯大王」と言っても良いくらいご飯が大好きな子なのに、なぜかパックご飯は完全拒否!

なので今日は、いつもは配偶者が使っている保温機能付のご飯ジャーに、自分でご飯を入れさせて、ふりかけまでかけて、「これが君のご飯だからね」と何度も言い聞かせて持たせました。

するとどうでしょう、全部食べたそうです。

食器は施設にお借りして、レトルトやパックから出した中身を入れて出しているというのに、一体何が違うのでしょう。

家から持っていったご飯とパックご飯、器に入っていたらどちらも同じだと思うのですが。。

なにかこう、次男にしかわからない微妙な違いがあるのでしょうね、むしろパックご飯の方が良いお米使ってておいしそうに思えますが。

今日はご飯もしっかり食べることが出来、作業時間に大きな公園に行ってみんなで水遊びもしたそうで、次男はとても満足そうな顔をしていました。

私自身も、今日はご飯を食べてくれたし、大好きな水遊びをさせてもらえたと聞いて少し安心しました。

のんびり過ぎるスケジュールにも次男は慣れたようで、空き時間は畳スペースに寝そべってリラックスしていたようです。

親から見ると「こんなんでいいのか?!」と思ってしまう時間でも、子供にとって心地よければそれもよし、です。




今日は他の利用者さんを観察する余裕を私も持てました。

みなさん大人で、私と年が変わらないくらいの人が多い感じかな?

穏やかな方が多く、次男のこともすごく気にかけてかわいがってくれている様子が伝わって来ました。

生活介護=重度の人が行くところ、のイメージでしたが、ほとんどの人がお話も出来るし、中には自力で施設に通っている方も!

次男と一緒に家に帰る時、道で利用者さんの一人とすれ違ったので「さようなら」と声をかけると、小さな声で「さようなら」と返事をしてくれて、母のテンションが上がりました。

きちんと挨拶できて、交通ルールを守って通勤している、そんな「いつか次男もそうなるといいな」な姿を見れたようで、嬉しくなったのです。

色んな年代の人と関われるのは、既存の作業所の大きな魅力の一つですね。

現場実習はあと2日続きますが、しっかり観察してしっかり考えて、次男の進路決定の参考にしたいと思います。


~参加中~ 

にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです