記事一覧

【障害福祉】18歳認定調査について

今日は、児童で障害福祉サービスを利用している人が18歳に到達する時の手続きについて書こうと思います。

うちの次男は5月生まれなのでもう終わったのですが、これから受ける人の心の準備のお手伝いが出来ればいいなと思います。


障害福祉サービスとは児童デイ、日中一時、ガイドヘルパーなど


531.png


障害福祉サービスとは、児童デイサービス、日中一時支援、ガイドヘルパーなどのことを言います。

これらのサービスを受ける際は、現在は地域の相談支援事業所と契約し、支援計画を立ててもらい、それに沿って事業所と契約、サービスを受ける、の流れになっていると思います。

日中一時やガイドヘルパーは就学前から、児童デイは就学後から使うことが出来ますが、18歳からは児童ではなくなるため相談支援事業所の手続きを更新しなければいけないのです。

以下手順と、私の経験談を書いていきます。


18歳認定調査の流れ



1、「指定障害児相談支援事業」より、18歳到達前の更新またはモニタリングの際に、18歳を超えて児童ではなく障害者の扱いになるときのサービス更新手続きについて事前に説明があります。

→これは普通に「次の更新は18歳になりますので、特別な手続きが必要ですよ」と言われる程度です。

2、サービス利用者の誕生日月の2ヶ月前に市役所から保護者に連絡が行きます。その際の要点は2つ、障害支援区分の認定を受ける手続きと、18歳以降も障害福祉サービスを利用するための手続きの説明です。

→市役所から電話がかかってきて、「18歳になる前に手続きが必要なこと」や「手続きに必要な書類の受け取りをどうするか」などの連絡や質問をされます。私は必要書類は自宅まで郵送してもらいました。この後、市役所での面接と相談支援事業所での相談を行わなければいけないので、自分の都合の良い日を申告し、日程を決めました。利用できる相談支援事業所は複数ありますが、自宅から一番近い事業所を指定しました。

3、相談支援事業所と、サービス等利用計画書の作成を依頼する契約を結び、相談支援事業所がサービス計画を作成します。

→これは相談支援事業所が、これまでのサービス利用状況を参考にして作成してくれます。保護者は「サービスの利用に関して何か変更などはありますか?」的に聞かれる程度なので、今までのままで良ければそう伝えます。

4、市役所で保護者&本人一緒に認定調査を行います。

→事前に決めた日時に保護者と本人で市役所に行きます。聞き取り調査のようなもので、うちのように本人が喋れない場合は親が質問に答えます。聞かれることは「出来ること」「出来ないこと」がメインで、あとは日常生活で特に注意が必要なことなどを聞かれました。

5、認定調査で聞き取った結果と医師の意見書をもとに障害支援区分認定審査会が開かれ、障害支援区分を決定します。

→医師の意見書は4の前に取っておいた方がいいです。医師=精神科医である場合が多いので、かかりつけの精神科の先生をまだ持っていない人は早めに確保しておくことをオススメします。また、本人の状態については短い診察時間では医師も把握できないため、あらかじめ保護者が本人の情報をまとめておいて(喋れる・喋れない、排泄は自立してるか・オムツ使用かなど)、診察時に医師に渡すといいです。ちなみに「障害支援区分認定審査会」は月に1度しか行われません。

6、相談支援事業所からのサービス利用計画案を受け取り、市役所が居宅介護や短期入所等のサービス受給者証を作成、利用希望者に送付します。新しい受給者証を自分が契約している(児童デイや日中一時で)事業所に渡し、事業所側が控えている受給者証の番号等の情報を更新してもらいます。

→私は1~6までの流れで期間はほぼ2ヶ月まるまるかかりました。2~4の間に医師の診断書を取ったり、今までの生育歴を書類に記載したりします。入院歴なども書く欄があるため、入院したことのある人は入院した病院・傷病名・入院期間&日時を確認しておきましょう。


スポンサーリンク



18歳認定調査を受けてみて:感想


先輩方より「18歳の認定調査、結構面倒くさいよ~」と言われていたのでかなりびびっていたのですが、上記のように文字にするとすごく長いけど、自分が頑張るところは書類書き&書くのに必要な情報集めくらいでした。

あとは市役所や事業所さんに言われるままに出向いたり喋ったりするだけです。

書くのに必要な情報も、手間取ったのは「入院歴」くらいかな?

うちの次男は小さい頃は病気することが多かったけれど、成長するにつれ丈夫になっていったので、前回入院したのが10年近く前なのです。

10年前、どこに、何の病気で入院したのかくらいまでは空で覚えていたけれど、正確な入院期間や日にちまでは全く記憶にございません状態だった私、電話じゃ多分教えてもらえないと思い、直接病院まで行って記録を教えてもらえないか聞きました。

自分の息子のことだけど、今の病院は「個人情報」にはやはり敏感で、「何のために必要なんですか?」の質問に「えと、18歳の認定調査というのがありまして・・・」のようにしどろもどろに必死で説明してやっと教えてもらえた次第です。

まぁ日頃からしっかりサポートブックとかつけてこられた方はしなくて良い苦労ですね(汗。




18歳認定調査を受けるともう本当に「子供じゃないんだな~」って感じです。

2年後、成人する時には18歳認定調査以上に重要な調査があります。

それは18歳認定調査より更に詳しい内容が求められるそうなので、もう成人されている方の保護者さんから情報収集したりして備えておく方がいいかもしれませんね。

まだまだ親の出番はなくなりませんが、一つずつ頑張っていきましょう。

注:今回ご紹介しましたのは兵庫県のある市の18歳認定調査の流れです。各都道府県市町村で手続き内容は違ってくるかも知れませんので、詳しくはお住まいの市町村役場等にお問い合わせ下さい。


~参加中~ 

にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです