記事一覧

推理&プロファイリングものが好きな私がはまった海外ドラマ3つ

先週、次男を迎えに行った新大阪の駅で、時間つぶしのために本屋さんに入り天然生活を買いました。

本当は6月号の「海辺の暮らし、里山の暮らし」が特集されてたのを買いたかったのですが、「あ、これ後で買おう」と思ってそのまま忘れてしまい(汗。

もう6月号は置いてなかったから、かわりに7月号を買ってみました。

5293.jpg

天然生活は読むと「ていねいな暮らし」へのモチベーションが上がるから、たまーに買います。

今回も22P~の松場登美さんの暮らし方にとても感銘を受け、私もこんな生き方がしたいなぁと思いました。

地に足のついた、ブレない生き方、憧れます。




さて今日は私がはまった&ドはまりした海外ドラマをご紹介したいと思います。

まずはサイモン・ベイカー主演:メンタリスト。

529.jpg

海外ドラマに限らず、ドラマって何回か見てやっと面白くなることが多いように思うけれど、メンタリストは初回からめちゃくちゃ面白かったです。

この作品は、過去、人気の霊能占い師(メンタリスト)としてTVなどで活躍していたパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)が、レッド・ジョンという連続殺人犯に妻子を殺されたことから、CBI(California Bureau of Investigation -カリフォルニア州捜査局)のコンサルタントとして犯罪捜査に加わり、様々な事件を解決していく、というお話です。

詳しい内容はネタバレになってしまいそうなので控えます、もし面白い海外ドラマをお探しでしたらぜひ見て欲しい作品です。

パトリック・ジェーンのシリアスな顔と笑った時のくしゃくしゃ感のギャップがとても魅力的で、全シーズン見終わってしまった後は、しばらく「ジェーン・ロス」に見舞われました。



続いてのオススメはクリミナル・マインド FBI行動分析課。

5291.jpg

FBIの行動分析課(Behavioral Analysis Unit、BAU)のメンバーたちが、犯罪者たちをプロファイリングし、犯罪心理を読み解き、事件の解決に挑むお話です。

この作品はとにかく脚本が素晴らしいと思います、特に初期。

言葉が強いというか、メインメンバーの言葉の全てがとても端的でムダがなく聞いていて気持ちが良かったです。

登場人物では私はシリーズ3の序盤でいなくなってしまったギデオン(マンディ・パティンキン)が特にお気に入りでした。

私の中ではギデオン=ヒューマニスト、ロッシ(ジョー・マンテーニャ)=ロマンチストと勝手に位置づけてます笑。

配偶者のお気に入りはDr.スペンサー・リード( マシュー・グレイ・ギュブラー)。

配偶者いわく「○○(長男の名前)に似てる!」だそうですが、体型がひょろひょろな所とドクター・フーが好きな所以外は全く似てないかと・・・だってリードはIQ187の天才ですもん(汗。

この作品は今まで見た海外ドラマの中でも一番好きです。

見ていてとても勉強になるし、登場する犯罪者達も、ただの悪者として扱われるのではなく、(世間的には)犯罪と呼ばれる言動に辿り着いた経緯までしっかり描かれていて、「悪なだけの人間」なんて実はいないんじゃないか、と思うこともしばしば。

特に脳の障害により犯罪者となってしまった人が登場する回は、一障害者の親としてとても興味を持ちました。

他者との関係のゆがみはイコール認知のゆがみであり、事故などで脳に損傷を負った人が見る世界は、一般の人と異なることがある、と言うことを改めて学んだように思います。

推理もの、プロファイリングものが好きな方なら間違いなく楽しめる作品ではないでしょうか。



スポンサーリンク

続いては今、わが家で毎晩のように見ているホワイトカラー。

5292.jpg

クリミナル・マインドをDVDレンタル出ている分、全部見てしまったので、続きが出るまで何を見るか散々迷った末に見つけたのがこのホワイト・カラー。

天才詐欺師のニール・キャフリー( マット・ボマー)が知能犯専門チームのFBI捜査官ピーター・バーク( ティム・ディケイ)に捕まり、収監を免れる代わりに知的犯罪捜査のコンサルタントとして捜査に協力する、ニールはピーターと協力して、知的犯罪を解決していく一方で、彼自身の問題を解決して行く・・・というお話。

元詐欺師が警察に協力して・・・と言うのはメンタリストとよく似ていますが、こちらはメンタリストよりライトな感じでとても気軽に鑑賞できます。

あと、元オタク女子としてぜひこれだけはお伝えしたいこと・・・日本語吹き替え版のピーターの声が池田秀一さんなんです。

そう、シャアの声です!

シャアの声のFBI捜査官・・・それだけでなんだかニヤニヤしちゃいますよ。

字幕で見る方には全く関係ない情報ですが、ごほごほ。

赤いものを見ると全てに「シャア専用」とつけたくなる気の毒な人種な私です。

ホワイトカラーはまだシーズン2を見始めたばかりなので、これからの展開が楽しみです。

ちなみにこちらの作品での私のお気に入りキャラはピーターの奥さん、エリザベス( ティファニー・ティーセン)。

すごくキュートで、かわいらしい奥さんです。

そういえば愛妻家なFBI捜査官って他の海外ドラマではあまり見ないような?だからこそ、のほのぼの感がホワイトカラーの魅力の一つかもしれません。




以上3つ、みなさんもご存知の作品はありましたか?

海外ドラマは映画と違って1話45分ほどのものが多いから、夕食後TVの代わりに家族や夫婦でさくっと見るのにぴったりですよね。

わが家は週に3本くらいコンスタントにDVDを借りてみているのだけど、これだけ見るならHuluとかと契約した方がお得じゃないかと思ったり思わなかったり・・・。

レンタルショップに行って、あれもいいな、これもいいな、でもやっぱりとりあえずこれだよね、などと考えながら選ぶのも、わが家の楽しみの一つだったりするのです。


~参加中~ 

にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです