記事一覧

ユスリカ(網戸をすり抜けて家に入ってくるあの小さい虫)の急襲

連日5月とは思えない暑さですね。

うちでは猫がすでに伸びています。

5212.jpg

みなさんも熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。


夫婦団欒の時間を邪魔する小さな悪魔の襲来、その時私は・・・?!



さて、そんな暑い日が続くある夜。

いつものように配偶者と海外ドラマのDVDを見ていると、なんか目の前をくるくる上昇しながら飛んでいる小さな虫が。

とにかく小さいので捕まえることも出来ず、かといってスルーするにはうっとうしすぎる。

「小さい虫入ってきてるねぇ」

などと、その時はのんきに夫婦で話しておりました。

しかし、目の前でのくるくるはDVDに集中できなくなるくらい頻度を増し、捕まえようとするの取り逃がす、の連続にとうとう私は頭にきてしまいました。

「どこから入ってくるねん、これ!」

と、窓を開け、網戸にしている窓際を見てみると・・・


鳥肌が立つほど無数の小さい虫が!!


ちょっと!!これはひどい!!

見ると、1階の、開けている窓の網戸の全てが同じ状態になっていました。

一体これはなんなのっ?!

とりあえず何かかけて退治しなければ!でもうち、まだ殺虫剤とか買ってない!

なんでも良いから吹きかけるものを・・・!

そう思ってリビングやキッチンを物色し、やっと見つけたもの。


5211.jpg

・・・ファブリーズW除菌。


・・・これしかないの??これ役に立つの??

自分でもわかりませんでしたが、とにかく「なにかかけなければ!」な思いに駆られ、リビングのシーリングライトに群がる小さい虫にまずはシューーーー!!

もちろん虫は死にません。

だけど、なんせ小さくて羽も薄い虫だから、水分が体に付くだけで床に落下はします。

放っておくとまた飛び立つけど、飛び立つ前に床をティッシュで拭けば、その分は退治できる!

シュー!してフラフラ落下した虫をティッシュでふき取る、を3~4回はやったでしょうか。

そうしている間にも虫は網戸から入ってきます。

そう、そもそもファブリーズでは虫が殺せるわけではないので、いくらシュー!したところで根本的解決にはなっていないのです。

そこで私は思いました。

敵を倒すためには、まず敵を知ることだと。


スポンサーリンク



敵の正体=ユスリカ、刺さないけど害はあるよ!



そこで私はまず敵の正体を見極めることに専念。

「網戸 小さい虫」でネットで検索したみたところ、やつらはユスリカというハエ目・糸角亜目・ユスリカ科(Chironomidae)に属する昆虫と判明。

蚊に似てるものの刺すことはなく、でもユスリカを原因のするアレルギーもあるらしいので、家に入れないに越したことない、と言うこともわかりました。

ふむふむ、やはり退治するしかないわけね。

やつらの正体はわかった、だけど武器がファブリーズW除菌のみでは勝てる気がしない。

なにかもっと強力な武器を手に入れなければ。

もう夜の9時、今からコンビニに殺虫剤を買いに行くのは頂けない、いや面倒くさい・・・。

その時私はひらめいた!

そうだ、この前洗面所の整理をした時、「あ、これこんなとこに入ってたんだ、覚えておこう」と思って忘れてたアレ!!


521.jpg

ジャジャーーーン!

現在の需要にドストライクなやつキター!

こちらの商品、網戸にかければユスリカなどの虫が寄って来なくなる上、殺虫剤としても使える優れもの。

さっそく喜びの雄たけびを上げながら私は網戸に突撃。

シューーーーーーッ!と一吹きすると・・・・見る見る敵は落下!!!

これは・・・勝てる!!

勝利を確信した私、ユスリカが群がる全ての窓とライトをフマキラーと共に制圧することができました、ヒャッホー。


勝負はついた、だがまだ後始末がある・・・



無事ユスリカ退治を終え一夜明けた今日、明るい日差しの下で網戸を見ると、そこにあるのは・・・

もちろん無数のユスリカの死骸。

ユスリカは死骸になってからも、その体が分解される時に粒子が発生し、それを吸い込むことでアレルギー反応を引き起こすこともあるそうです。

なので死骸も放っておくことは出来ません。

子供たちが起きて来る前にこの死骸を何とかしなければ。

休日の朝7時ではあるけれど、ご近所さんには心の中で手を合わせつつ、掃除機を出して網戸の窓枠を吸い込みます。

そして吸いきれなかったものもガムテープの粘着を利用し撤去。

ユスカリの死骸の処置はこれにて完了しました。




ユスリカは水のあるところや湿った地面に生息するそうです。

最近は雨降ってないし、去年うちは庭全てを砂利敷きにした(過去記事→雑草との戦いに終止符を:お庭リフォームレポート)ので、虫の類は今年は激減すると思っていました。

まぁうちは雑草生えてなくてもお隣がジャングル状態なのであんまり関係ないのかもですが・・・。

蚊のように血を吸うわけではないけれど、アレルギーの原因になるとわかってしまうと放っておけません、また現れることがあれば何度でも戦いを挑むつもりです。

わが家でその力を発揮してくれた網戸用の殺虫スプレーは、事前に網戸にスプレーしておけば虫が寄って来なくなるそうです。

今回わが家は事前の準備を怠ったため、本来はそんな役目じゃないファブリーズW除菌まで駆り出され、猫たちや次男を避難させざるを得ない大騒ぎとなってしまいました。

まだ今年はユスリカの襲撃を受けてない方、わが家の失敗例を教訓とし、そろそろやつらの襲撃への備えをしておくこと、オススメします。


~参加中~ 

にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の高校生の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです