記事一覧

DVDで映画

週末は自家製パンを使ってフレンチトーストを作りました。


006037.jpg
玉子、牛乳、お砂糖に一晩漬けられたパン達。

うちの配偶者がなぜかフレンチトーストが大好きなんですよね。

私はフレンチトーストはあまり好きじゃありません。

でも作ります。

そう言えば、自分は好きじゃないけど日々作ってるもの多いわ~。

カレーライス、ハンバーグ、オムライス、から揚げ、フライなどなど、「嫌い」ではないけど食べるけど、さほど「好きじゃない」ものが異様に多いアラフィフおばさんなのでした。


スポンサーリンク



さて今回は最近見たDVDをご紹介。

GEOが徒歩圏内にある我が家では、夕食後のDVD鑑賞が日課です。

たいていは海外ドラマですが、先月は映画もだいぶ見ました、地獄のGWのおかげかも。

てかまじでそろそろアマゾンプライムとかに加入した方が安上がりな気がして来た・・・。




***********


ペンタゴン・ペーパーズ 2017年アメリカ

00603.jpg


映画館で上映してた時からずーっと見たかった!

私、メリル・ストリープ好きなんですよねぇ。

この人が出てるものはとりあえず見るようにしています。

同じく名優トム・ハンクスも出てるしね!

なぜアメリカ政府は30年もの間、それをひた隠しにしなければいけなかったのか・・・?

負けがわかっていた戦争から手を引こうとしないアメリカ政府の実態を暴く文書を巡って、保身とジャーナリズム魂がせめぎ合う、報道とは何かを考えさせられる作品でした。

この作品を見て「残酷な真実」の取り扱い方について考えました。

例えば自分の息子が戦死した時、それが国を守る「意義のある死」であると思い続けたい人もいるのではないでしょうか。

隠す事により被害が拡大する真実を明らかにすることの重大性と、それを受け止める個々の心情はまた別物なんじゃないかなと思ってしまいました。


レザーフェイス~悪魔のいけにえ 2017年アメリカ

006031.jpg


1974年の公開以来、熱狂的な支持を得続け今やカルトの域から伝説にまで登りつめたホラー映画の金字塔「悪魔のいけにえ」。

本作では「悪魔のいけにえ」のレザーフェイスがいかに生まれたか?が描かれています。

70年代、80年代というにはホラーの名作が多く、「悪魔のいけにえ」は私が大好きな「死霊のはらわた」にも並ぶ作品ではないでしょうか。

残忍なレザーフェイスの幼少時代~青年期までを描いた「レザーフェイス」は

「なるほど、レザーフェイスも最初からレザーフェイスってわけじゃなかったのね」

と素直に思えました。

生まれ持っての性質・遺伝に異常な環境、それらが生み出した「モンスター」、レザーフェイス。

普通になりたかった青年の、だけどなれなかった青年の、悲痛な心の叫びが聞こえてくるような作品でした。

「次はこうなる・・?」と言う期待を意図的に裏切っているとしか思えない構成に、近代ホラーの新しさを感じなんだかわくわくしました、頑張れホラー映画。



ボイス・フロム・ザ・ダークネス 2017年アメリカ/イタリア

006032.jpg


私が世界で一番好きな女優さん、エミリア・クラーク主演♪

古城の大豪邸に住み込むことになったヴェレーナ。

主の妻は原因不明の病で亡くなり、その息子は以後言葉を話さなくなった。

石が囁く声を聞いた彼女を襲う不可解な幻聴、幻覚、妄想・・・そして悪夢は繰り返される・・・!

みたいな感じのゴシックホラー?でした。

内容はイマイチ描ききれていないと言うか、すっきりしない展開とオチだったけれど、雰囲気は良かったです。

自分自身は身寄りもなく、問題のある子供の世話をし、状態が良くなったら旅立つという暮らしを、人生を送っていたヴェレーナの孤独と、激しい欲望。

ラストは彼女自身が実は望んでいた結末だったのかも知れません。



デス・ウィッシュ 2018年アメリカ

006034.jpg


鬼才イーライ・ロス監督、ブルース・ウィリス主演のリベンジアクション。

救急救命医のポールは、ある日自身の留守に家族が襲われ、妻は死に、愛娘は昏睡状態に陥ってしまう。

暴力犯罪の犠牲者が後を立たないシカゴで、何より大切な家族を失った男が取った手段とは・・・?

ブルース・ウィリス主演にしてはアクションシーンは控えめ。

だがしかし、アメリカでまたしても銃乱射による犠牲者が出た後なだけに色々考え深かったです。

「国民の武装する権利」が認められているアメリカにおいて、銃はまさに諸刃の剣。

銃がなければ失われなかった命もたくさんあるだろうが、悪名高い全米ライフル協会の「銃を持った悪人を倒せるのは、銃を持った善人だけ」と言う言葉も理解できる。

一度「銃社会」として走り出してしまったからには、途中で方向転換と言う訳にはいかないんだろうなぁ。



クワイエット・プレイス 2018年アメリカ

006035.jpg


2018年全米№1大ヒットホラーです。

音を立てたら即死。

果たして彼らは無事最後まで沈黙を貫けるのか・・・?

出てきた化け物の正体は地球外生命体でしょうか?その辺がよくわからなかった笑。

なんだかよくわからない化け物が突然現れて、音を立てたら即殺されてしまう、そんな世界で生きている家族を描いた作品です。

セリフがほとんどないのに、最後まで見せる構成はさすが。

よくある「救いがない系」のパニックホラーかと思っていましたが、いい意味で裏切られました。

演技も良かった、雰囲気も良かった、本当に色々良かったです。

ラストのお母さん素晴らしい、私もああなりたい。



ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017年アメリカ

006036.jpg


大ヒットした「ジュマンジ」の続編です。

それぞれ個性豊かな高校生4人が、TVゲームの世界に吸い込まれゲームのキャラとしてゲームクリアを目指す、と言う物語。

ボードゲームからTVゲームに進化しただけで、ジュマンジはジュマンジ、あの太鼓の音も健在で、安心してみることが出来ました。

何にも考えずにケラケラ笑いながら見られる作品。

でもって「ワイルド・スピード」や「カルフォルニア・ダウン」「スコーピオン・キング」でお馴染みの元格闘家のドウェイン・ジョンソンの肉体美は相変わらず圧巻。

あの上腕二頭筋は芸術です。



***********


ドラマの方は、今は「スーパー・ナチュラル」を見始めました。


006033.jpg


イケメン兄弟が悪霊や悪魔を退治して行く超常現象アクション。

主演の二人が本当にイケメンで・・・いわゆる整った顔ではないんだけど、見れば見るほどかっこよく見えてくる類のステキなイケメンです。

だがしかし!主役二人の吹き替えが・・・!

ありえないくらい下手!

そりゃもう話に集中できないくらい下手笑。

やっぱ芸能人が声優やるのってギャンブルやわ・・・。

この下手加減は相当話題になったようで、シーズン3からはちゃんとした声優さんに変るそうです。

私はまだシーズン2を見始めたばかりですが、下手な吹き替えにそろそろ慣れてきて、変ってしまったらむしろ寂しさを感じてしまうんじゃないかと思ってる段階でございます。

初めて見た時はもう本当に何かの冗談かと思ったけどね…笑。




~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆




スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフィフ主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の20歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです