記事一覧

忘れること許すこと

連日バタバタで一週間が過ぎるのが本当に早いです。

育成会関連のお出かけが今週は4日、来週再来週は5日・・・平日はほぼ埋まってるってことですな。

各種会議への出席や総会準備があるから仕方ないんだけどー、総会準備はその年のメンバーによって各人の負荷が違う!と総会準備に関わるのは4回目な私は実感しております。

誰か一人でもできない人がいると、それ以外の人にどうしても負担がかかるんですよねぇ。

かと言って関わる人数を増やすと、連絡業務が増えて手間も増える。

なので、面倒くさいから自分でやっちゃえ~ってして結果首が回らなくなる、自業自得なのか?!笑。


00413.jpg
双子みたいなお弁当笑


長男の大学も始まり、毎朝のお弁当生活も再開。

自分もたいていお弁当だから苦にはならないが・・・おかずのマンネリ感は否めない笑。

まぁ文句あるなら自分で作ってもらいましょう・・・!


スポンサーリンク





さて、以下は常体で語ります。

昨日、いつものように育成会から帰って来たら留守電に

「大事な話があります、電話下さい」

と母からメッセージが入っていた。

この日は父の食道がんの検査結果が出る日だったので、たぶんそのことだ。

父は膀胱がんを長年患っているが、最近になって肺や食道にも転移していることがわかった。

どのがんも父の年齢や状態からすると手術不可だと医師に言われているが、とりあえず検査だけでもしとくべき、と言う次兄の意見を優先し、それぞれの検査にここ数ヶ月を費やしている。

次男も帰宅し、夕食の準備も一段落ついたので、母に電話をかけた。

電話に出た母は既に涙声で。

父の食道がんが既にかなり進行していて、もって数ヶ月の命であること、今後病状が悪化したらホスピスへの移動を進められたことを私に伝えた。

「もっと悪化したらご飯も食べられへんようになるし、急に亡くなることもあるねんて」

と涙声で話す母。

「だから、あんたらがこの間お花見連れて行ってくれてほんま良かったわ。多分今年がじいちゃんにとって最後の桜になると思う」

自分の配偶者の命があと数ヶ月と言われ、よっぽどショックだったのだろう。

母の声は終始震えていた。

それを聞きながら私は不謹慎にも考えた。

この人は今までの恨みつらみを全て忘れてしまったのだろうかと。

うちの父はアルコール依存症でDVだった。

認知症とパーキンソン病を発症する4年ほど前までは、定期的に警察が来るほどの暴力と感情を爆発させ、母はもちろんのこと子供である私や兄、果ては孫や隣近所にまで迷惑をかけていた。

ギャンブルで借金をこしらえ、女性関係もだらしなかった。

そんな父を憎み、自分の運命の過酷さを呪い、度重なる裏切りに人相さえ変ってしまうほど翻弄された母であるのに、いざ父の命が残りわずかとなると、まるでそれまでおしどり夫婦だったかのように嘆くことが出来るのだなと。

憎しみや恨みと言うのは、多分何かしらの事情があれば、消えることはなくとも薄れることがあるのかもしれない。

そして少しでもそれが薄くなったならば、抱いた当時の焼け付くような痛みを忘れ、相手を許すことへと繋がるのかもしれない。

そしてふと考えた。

私は自分の配偶者に死期が近づいた時、果たして母のように嘆くことができるのかなと。

多分私は母よりずっと残酷で容赦のない人間だから、それまでの時間を反映した感情を忘れていることはないだろう。

全ての人間関係を一度子供に還元しなければ感慨が抱けない私のような人間にとって、自分の「配偶者の死」としてよりも「子供達の父親の死」としての方が世間一般が期待する「妻」を演じるのに都合がいいだろう。

ならそれでいいかな。

なんてことを考えること自体が残酷で容赦がないと言えるのだろうが。

「6月にお義姉さん(父の姉)の3回忌があるから、状態が良ければじいちゃんを連れて行ってやろうと思うねん」

母が言った。

父の田舎である岐阜に最後の里帰りをさせてやりたいと。

「いっつも岐阜に帰りたい、帰りたいて言うてるし」

もう半世紀以上故郷から離れた地で生きていても、人は自分のルーツに帰りたい気持ちを忘れることはないようだ。

忘れること、忘れないこと、忘れたくないこと。

記憶と感情と現実と折り合いをつけ折り重なって、人は生きて死んでいく。

あと何度父の顔を見ることができるかわからないが、とりあえず明日は家族全員で父のいる特養に行こう。

そして父も入れて5人で写真を撮ろう。

そう思った、強く。




~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆





スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフィフ主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の20歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです