記事一覧

自費診療、恐るべし(歯科)

今日は歯医者さんに行って来ました。

虫歯とかは今のところないんだけれど、定期的にクリーニングをチェックに行っております。

今回もいつものように歯石とか取って、最終チェク・・・の時、歯科衛生士さんの手が止まった。

奥歯をチェックしながらしばし静止、その後


「ちょっと普通のカメラで撮影しますね」


・・・えぇ?!何っ?何なんっ?!

めっちゃ怖いねんけど。

目に覆いかけられてたから、どんなカメラで撮影されたのかはわからないけれど、左右上下両方の奥歯を撮影していた模様。

それから撮ったデータをPCで見せてくれたんだけど・・・


30年以上前の処置跡が劣化してることが判明!


いや・・・でも30年以上やで?むしろよぉもった方ちゃうかいな・・・。

当時まだ小学生だった私が受けた処置は、普通のセメントみたいな銀みたいなやつを虫歯で穴が開いた部分につめるのだけれど、それの端っこが剥がれて来てたのです。

もちろん放置しておくわけには行かないので、詰め物を外して、新たに処置しなければいけないのだけれど、ここで運命の分かれ道。

選択肢1:保険内診療(保険の効く範囲内での治療。前回と同じっすね)

選択肢2:自費診療(セラミックを使った保険を使わない治療)

と言う訳で、歯科衛生士さんがパンフレットを持って来て、自費診療だとどういう流れで治療していくかを説明してくれました。

そのパンフレットがもう・・・

【オールセラミックス修復について】私達は自分や家族の口の中に銀歯を入れることはありません。(中略)歯科先進国の中には銀歯の金属アレルギーや細胞毒性などの点も危惧され、使用そのものが法律で禁止されている国もあります。


・・・うん、めっちゃセラミック推しなんはわかった。


まぁそりゃセラミックの方が銀歯よりええに決まってるわな。

見た目もええし、耐久性もいいらしい。


・・・だがしかし、私の詰め物も30年以上もってんで?


それにあれやねん、私はめっちゃ日本が好きでなぁ。

外国ではこういう国もありますよ~的説明には反射的に懐疑的になるねん。

歯科先進国でも無農薬の基準が厳しい国でも福祉先進国でも、それがええと思う人はそこに住んだらええねん。

それがええと思いながら、「日本はあかん、まだまだ遅れてる」とか言いながら日本に住んでる人ってどうなん?

なーんてことは歯科衛生士さんには言えませんが。

一通り説明が終わると、お次は歯科医師さんがやって来た。

医師も同様に私の口の中をチェックした後、


「そうですね、この状態だと私もセラミックをオススメしますね」


・・・この状態てどんな状態?!


今まで何年も通ってきて、もし何かしら悪い意味での「この状態」に気づかへんかった?

てかそんな突然「この状態」になるもんなん?

色々疑問が膨らむ。

でもって素人目だけれど、詰め物もそんなに大きな範囲にされてるわけじゃなく、更に少し削って詰め物したとしてそう大掛かりな処置が必要とは思えないのだけれど、歯科衛生士さん&医師は、


全体をセラミックで覆う気満々。

いやあのその。

なんとも返事が出来ない私にしびれを切らしたのか、


「まぁとりあえず次の診療日まで少しお考え下さい」

と医師。

しばしの猶予期間は頂きました。

そりゃそうや、だってセラミックしたら1本24万やって。


・・・そんなもん即答できるかいっ!


00201.jpg


歯は大事なんはわかってる。

でもって自分が顎の力が強くて、歯に負担がかかりやすいから、より強度の高いセラミックの方がええのもわかってる。

でもな、その顎の力対策にナイトガード作ったやん?

この上まだ歯の負担の減らすため24万払う必要あるんやろか。。。

てか詰め物してる歯全部セラミックにしたら100万近くかかるで。

これが口開けたら見える場所の歯とか、悪い部分が大きいとかやったら別やねんけど・・・そうじゃないねんなぁ・・・。

次の診察日までぐるぐる悩んでしまいそうです。




スポンサーリンク





昨日は育成会の倉庫の整理に行って来ました。

理事長、もう一人の副理事、私でやったんだけど、副理事二人はどっちかと言うと「今使ってない、一年以上使ってないものは捨てる」派。

が、しかし肝心の理事長は「今後絶対に使わないであろう、元値がたいしたことないものなら捨ててもいい」的考えの人。

「これもう使わないから捨てては?」

と言っても

「そうやけど、買ったら高いやん(だからおいとく)」

・・・そんなんしてるからいつまでも物だらけやねん。。。

ダイニングチェアとか絶対もう使わへんと思うねんけど・・・まだおいとくねんな・・・・。

整理が終わり、理事長は

「やっときれいになったわ」

と上機嫌だったけれど、理事二人の心中は

「まだまだ捨てれるものあるやん・・・」

捨てる・捨てないの基準って人によって全然違うんだなと実感した今日この頃でした。



~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフィフ主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の20歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです