記事一覧

能勢妙見山に行きました

お正月元旦は、配偶者実家近くの多田神社にて初詣を済ませたわが家。

だけれども、も1個くらいどこかお参りに行きたいよね、と言うことで、3日に能勢妙見山に行って来ました。


*************


能勢妙見山は世界的にも珍しい北極星信仰=北極星の神様をお祀りしているお寺です。

その昔、妙見山がまだ為楽山と呼ばれていた頃、星の王様がこの山に降りてきたという言い伝えがあるそうです。

時は天平勝宝年中(750年頃)村人達は行基菩薩に請い、その山頂に北辰星をお祀りしたのが当地の北極星信仰の始まりと伝えられています。


00108.jpg


能勢妙見山には鳥居もあり、一見神社に見えなくもないですが、『日蓮宗霊場能勢妙見山』とあるように、日蓮宗のお寺です。


001081.jpg


敷地内のあちこちにこういうお馬さんがいます。

北極星を守護する星として北斗七星と輔星の8つの星があるといわれていること、また古来より仏神に馬を奉納することは功得甚大といわれ願い事を叶えてもらうために馬を奉納する習慣があったことから、妙見さんを守護する神馬も8つの星に合わせて境内に8頭存在しているそうです。

商売や受験など、ここぞという人生の岐路に立って勝負に出る際、開運殿+神馬のお馬さんにお願いすると運気が上がると言われています。


001082.jpg

こちらは日乾上人銅像(にちけんしょうにんどうぞう)。

大変高徳の僧で、日蓮宗総本山である身延山久遠寺の法主(ほっす=住職)になられた方だそうです。

この方の写真を撮りながら、肝心の日蓮上人像を見過ごした私どんまい。。。


001083.jpg


信徒会館「星嶺」と言われる建物です。

プラネタリウムのようですが、大舞台を持つ木とガラスの殿堂だそうです。

残念ながら中には入れませんでした。。


001084.jpg


お正月三が日だったからか、参拝客はかなり多く、出店もいっぱいありました。

ただ階段が・・・勾配がきついんじゃなく、一段の幅が1.5メートル間隔くらいで歩幅が合わず、違う意味でしんどいっ><

階段好きの次男も嫌そうな顔をしながら、それでもテケテケ上っていきました。


001085.jpg


一番上まで上るとこの景色。

めっちゃ遠くまで見渡せて、大人はこれで「報われた~」気分になるのですが、次男は高いところがニガテなため、終始渋い顔をしておりました。

寒いわ、しんどいわ、高いわで、多分一つも良いことなかったんでしょうね。。。

次男は行ったことないとこやから、喜ぶと思ったんやけど。。。

もう2~3年は来なくていいかな・・・苦笑。


001086.jpg


こちらは今回頂いたご朱印。

「開運殿」とあるので、もしかすると他の建物でもご朱印がもらえたのかも知れません、え、でもその度に300円?

なんせ寒くて思考能力低下してたせいか、細かい部分までチェック出来なかった今年の能勢妙見山参拝でした。



スポンサーリンク





昨日、お昼過ぎにクロネコさんが荷物を配達してきてくれた。

どうやらまた長男がアマゾンで何か買った模様。

だがしかし、荷物が届く時はいつも「今日の午後にアマゾン来るから」などと予め連絡してくるのに、今回は何にも聞いてない。

ネット通販しすぎて自分でも把握できなくなったか・・・・?

そんなことを考えながらハンコを手に玄関を出ると

「すみません、このお荷物夜間指定だったんですけど・・・

・・・大丈夫ですか?


・・・えーと。

配達してもらって、ここまで来てもらって、ピンポン押して家人呼び出して、この期に及んで「夜間指定」を理由に

「・・・いえ、困ります」

って言ってもいいんですかっ!?

瞬間ニヤリとしてしまったが、もちろん荷物は受け取った。

なるほど、長男は自分が受け取るつもりで夜間指定にした=だから私に連絡がなかったのだ。

謎は解けたが、クロネコさんが指定の時間外に荷物を配達して来たなんて初めてのこと。

年末年始と言うのは天下のクロネコさんにも影響を与えるのだろう。。。



~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆






スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフィフ主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の20歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです