記事一覧

久々にやらかした

うちでは洗濯機は一日2回回す。

1回目は普通の洗濯、2回目は配偶者の作業着のみを洗う。

今朝起きて、いつもように洗濯機を回し、1回目の洗濯が終わり中身を取り出そうとすると・・・


・・・なんじゃこりゃ?!!


洗濯物の全てに白いもろもろが・・・。

そう、ティッシュをポケットに入れたままとかにしとくとなるあの現象ですね。

でも、うちの場合はこれになる原因のほとんが次男のオムツ!!

次男は自分のオムツを捨てる時は何故か洗面所のゴミ箱にしか入れない。

すぐ隣の台所にも大きなゴミ箱があるのだが、そこは「オムツを捨てる所」ではないと決めている。

鼻をかんだティッシュとかは台所のゴミ箱、オムツは洗面所のゴミ箱と分別?しているのだ。

問題は洗面所のゴミ箱の位置である。

洗濯機から1メートルと離れていない。

このゴミ箱の位置も次男は「ここ!」と決めた場所があるので移動は出来ない。

でもって、使夜着たパジャマなども次男が運び、これは洗濯機に入れる。

つまり、朝出かける前の着替えの時、それまで身につけていたオムツ・パジャマを次男が洗面所に持って行き、オムツはゴミ箱、パジャマは洗濯機に毎回入れているのであるが・・・時々その流れが崩れる。

昨日は多分、クリスマスにもらったゲームで遊んでいる合間の着替えだったので気がそぞろだったのであろう。

本当に久々に、オムツも洗濯機に入れてしまったようだ。

まぁこれも「自分のことはなるべく自分で」しようとした結果。

ここで親が「やっぱり全部私がやった方が・・・」となってしまったら今までの苦労が水の泡。

たまにはこんなこともあるよね!


・・・って思う心が折れそうなほど後の工程が長かってんけどな。


もろもろが付いた衣服はそのまま洗濯しなおした所でもろもろは取れません。

なので一度洗濯機から出して、掃除用の手のひらサイズのブラシで一枚一枚にブラシをかけました。

細かい紙がボロボロ取れる中、鼻がかゆいのを我慢しながら

「子供用の時よりはマシ、子供用の時よりはマシ・・・」

と呪文のように唱えます。

育児経験のある方なら多分経験したことがあると思います。

子供用オムツを洗濯機で回してしまった時の惨状を。

そう、子供用オムツにはアレが入っているんです。


洗濯の敵・高分子ポリマーが。

アレはほんまに手ごわかった。

ゼリー状のトゥルトゥルしたものが洗濯物にびっしりこびりついているのを見る度、腰から下の力が抜けた。

大人用オムツはアレが入ってないだけマシやねん。

ただの紙だけやし・・・。

子供用よりはるかにでかいねんけど!

でかい=バラバラになっても数が多い、と言うことで、買ったばかりの黒のヒートテックや長男の黒のシャツがまるでチャコールグレーのそれのようになっていました。

全ての洗濯物にブラシをかけた後は2回目の洗濯。

これで多少はマシになってくれたら・・・と祈るのみ。


01227.jpg
洗濯待ちの一休み。むかーしもらったMAMAIKUKOのカップでティータイム。そう言えばMAMAIKUKOってなくなったっけ?


2回目の洗濯が終わり、いよいよ最終チェック!!

ある程度は取れたけど・・・

やっぱり黒はあかんわ~><


まだまだもろもろはこびりついているが、もうここでやることはない。

ベランダでバッサバッサと振って最後の悪あがきをしながら干した。

乾いたらガムテープでベリベリは必須やろな・・・。

みなさんもお気をつけ下さい。。。




スポンサーリンク





昨日は育成会事務所にて午前中は作業、午後からは会議に出席した。

作業はつつがなく終わったのだが会議が・・・。

「何が問題なん?」

と思うところでモメた。

正直うちの組織は縦の連携が取れてないとは思う。

だから

「~しといて」

と言う指示だけが来て、それがどうして必要なのか、それをすることでどうなるのか謎のままであることが多い。

私のようにいい加減極まりない人間にとってはこういうのも特に問題はない。

「~しといて」

と言われれば

「しさえすればいいんや」

と思って何も考えずに従える。

だが世の中には何かする際、必ず理由が必要な人もいる。

「何故、そうなったのか、それが必要なのか」

を聞かずにいられない。

そう言われればそうであるから、わかる限りの理由を提示しなければならない。

こういうのも多分組織には必要で、私みたいなのの考え方って所詮

「あかんかったらあかんかったで仕方ないやん」

的無責任が前提にある恭順なのかなと思うと、自分のいい加減さを少し反省したりする。

次男のお迎えの時間前に退席したので会議がその後どうなったのかはわからないが、給料もらってる職員さんと親の会のたかが役員である無給の保護者が同じ土俵で話し合うこと自体が無理があるような気がちょっとしたのであった。




~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆




スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフィフ主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の20歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです