記事一覧

メンタル不調ならまず疑ってほしいコト・確認してほしいコト

春くらいからずーっとメンタル不調のうちの配偶者。

このブログでもちょこちょこ書いてますが、なんせ情緒不安定でほぼ毎日会社から帰るとわなわなしながら今日あった嫌なことを語っておりました。

一日二日なら全然平気なんだけれど、こう何日も続くとこっちのメンタルに影響しそう!

なんと言うかあれだ、これはもうそろそろ精神科とか連れて行くべき?

本人は嫌やと言うてるけれど、そういう問題じゃ既になくない?

なんせ重度障害者の親なので、精神疾患についてもそれなりに勉強しているし、精神科とかそれ系のお薬とかに対する拒絶反応とかは特になく、だって脳が誤作動してるなら仕方ないじゃない?的認識なワタクシです。

なのであとは本人の意思次第かな~とか考えていたある日。

いつものようにわなわなしてる配偶者の話を聞きながらふと思った。

時代のせいか私がいる環境のせいか欝やパニック障害などの人は周りに結構いる。

だけど、この配偶者の状態って、精神疾患と言うよりむしろPMS(月経前症候群)に近くないか?

いやでも配偶者に月経はないよ?笑

もしあったらびっくりよ、代わりに子供生んで欲しかったと思うよ?

ちなみにPMSの症状は以下。

①気分の不安定
②イライラや怒りやすい
③不安感・緊張感
④うつ状態・自己評価の低下
⑤仕事・趣味などへの興味消失
⑥倦怠感・エネルギー低下
⑦集中力低下
⑧食行動変化(甘いものを食べたくなるなど)
⑨睡眠障害
⑩その他の身体症状(乳房緊満感・体重増加・むくみ・頭痛・肩こりなど)

・・・乳房云々以外はほぼ当てはまってるよね。

えーと、PMSが基本月経前に起こると言う事は、月経前に何かしらホルモンが影響して発症するものと考えてもOK?

ということは配偶者のわなわなもホルモンが影響してる可能性あり?

男性でホルモンが影響・・・・男性更年期障害?

おぉーこれかもしれない。

さっそく調べてみる。

<男性更年期障害>
性ホルモン分泌の低下や乱れが原因で起こる「更年期障害」は、これまで女性特有のものと捉えられてきました。しかし男性にも、男性ホルモン・テストステロンの減少により、「加齢男性性腺機能低下/LOH(ロー)症候群」と呼ばれる様々な不調が起こります。

【精神症状の一例】
不安/イライラする/不眠/記憶力や集中力の低下/性欲の減少

【身体症状の一例】
筋力低下/疲労感/ほてり・のぼせ/発汗/頭痛/めまい/耳鳴り/頻尿


あーそう言えば時々耳鳴りもしてたな・・・。

これはやはり・・・・!!


ということで、さっそく土曜日もやっている泌尿器科を訪れました。

男性更年期障害の検査はまず問診と血液検査です。

血液検査により男性ホルモン(フリーテストステロン:「遊離」テストステロン)値測定や前立腺がん検査(PSA値測定)を行います。

何で前立腺がんの検査もするかは理由聞いたけど忘れました。

なんかよくわからないけど必要なんでしょう。

問診にて医師から

「男性の更年期障害とうつ病は見分けがつかない」

「なので最近おかしいな?と思ったら、まず更年期を疑って検査する、それで異常がないことを確認してから他の科を受診するといいと思います」

と伺いました。

そうだよね、体が病気だと精神状態にも影響するもんね。

健全な精神は健全な肉体に宿るってのは体育会系の根性論と同類項ではないのね。

医師の話を聞いて、自分でも「俺更年期かも」と思い出した配偶者。

検査結果が出るまでの1週間、色んな更年期対策を試してみました。


・アーモンドを摂る

01015.jpg

理屈は知りませんが、アーモンドって更年期に良いって言いますよね。

なので食べてます飲んでます。

アーモンド効果はコーヒー味のならなんとか飲めます。

「豆乳が大丈夫な人は大丈夫」と言われるアーモンド飲料だけれど、うちは夫婦揃って豆乳がニガテです。

コーヒー味、ありがとう。


・ジョギングしてみる

テストステロンは筋肉からも作られるそうなので、ある程度激しい運動が良さそうだ、ということで二人で走ってみたけれど。

・・・私が挫折しました。

元体育会系の配偶者と違い、私は中学=演劇部、高校=美術部です。

生まれてこの方本気で運動などした事がない人間が真面目にジョギングしたらどうなると思いますか?

その後3日間筋肉痛でしたよ?><

・・・もう2度としません。


・無理はしない・させない。

元々うちは配偶者優先で家を回しているため、家にいる間はほぼストレスを感じないそうだけれど会社ではそうは行きませぬ。

仕事量は極力減らし、定時で帰ってもらったり、胃薬や漢方薬も購入しました。

ツムラの桂枝加竜骨牡なんとかって漢方が配偶者はなかなか効き目あったそうです。

イライラする頻度が減ったそうな。

************

・・・・そーんなこんなで1週間が過ぎ、いよいよ検査結果の発表!!(違

前立腺がんの可能性はなし、よしよし。

で、肝心のテストステロンの量。

これが8.5以下だと治療の対象だそうです。

そしてうちの配偶者はそれが・・・4.8!!

うん、完璧更年期。

医師も

「久しぶりにこんな低い数値を見た」

と言っていました。

思いっきり治療対象なので、その日にホルモン補充の注射を打ってもらいました。


・・・・で!

これがうつ病とかとの大きな違いだと思う、注射でソッコー症状が改善しました。

先週末2回目の注射を受けたんですが、もうほぼ平常通りでわなわなもなくなりましたよ。

これもし精神疾患だと決め付けて精神科とか言って抗うつ剤とか飲んでたらえらいことになってた。

抗うつ剤ってテストステロンを下げるんだそうです。

=さらに症状悪化するところでした。

・・・・・怖っ><

このように、「うつ?何かしらの精神疾患?」かと思うような症状は、更年期障害の他に貧血(フェリチン欠乏症等)や甲状腺異常などでも現れるそうです。

最近はメンタルの不調が市民権を得たと言うか気軽に気楽に精神科を受診しましょう的空気があります、そしてそれが必要な人ももちろんおられます。

ですが、上記のように体の異変が原因であるケースも相当数あると思うのです。

そして体の異変に関しては検査で、数値で確認できます。

あれ?最近おかしいな?と思ったら、まずは体の不調を疑って、検査を受け、目で確認できる可能性を潰していく。

精神科や心療内科は最後の手段、と思っていた方が無難ではないかなぁと私は思います。




スポンサーリンク





さてさて、先週は久々にお友達とランチしてきました♪

いやー最近育成会の方でやたら予定が埋まっていて、ブログの更新滞ってたのもそのせいです言い訳ですけど笑。

やるべきことしてからやりたいこと、がモットーなA型人間の私です。


010151.jpg


お天気が悪かったけれど、友達の運転で箕面のピザレストランに行ってきました。

隠れた名店と言うやつだったのか、住宅街のものすごーく分かりづらい場所にあるにも関わらず、店内は満席でした。。。

肝心のピザは生地がもちもち新食感で、とてもおいしかったです。

モッツァレラチーズがいっぱい乗ってて、かなり本格的なピザだと思いました。

次・・・行きたいかどうかは、あまりの道の分かりづらさがネックで即答できません、はい(汗。

(そして店名さえ覚えてないって言う・・・)




~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆




スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです