記事一覧

台風一過と「桃ノ木坂互助会」感想

昨日は台風一過で晴天の私在住地域でした。


09062.jpg


今年は本当に天災が多いですね。

昨日・一昨日は台風の影響で次男の通う作業所が休業になりました。

昨日は天気は良かったものの、停電で営業は無理です・・・とのこと。

前の大雨の時も確か停電したような?

それなりに大きな事業所でも停電とかするんですね、てか老人介護施設も併設されてるのにそこは大丈夫だったのかしらとか色々思う。

そもそも停電多すぎやねん、何ともならない大人の事情とかあるのかしら(どんな事情笑。

今日、2日ぶりにお迎えの車に載って行った次男はとてもウキウキしていました。

いくら発達年齢2~3歳とは言え、部分的にはちゃんと19歳。

ずーっと家で母親と一緒にいると息が詰まる気持ちは同年齢の定型発達の方と変わらないのかもしれません。

(そ、そんなこと言われても・・・汗)


************


さて話は変わって台風で家こもり中1日で読んじゃった本がこちら。


09061.jpg


【桃ノ木坂互助会】川瀬七緒著

のどかだった町は、すっかり変わってしまった――。移り住んできたよそ者たちの度重なるトラブルに頭を抱えていた桃ノ木坂互助会会長の光太郎。元海自曹長でもある彼は、町に害を及ぼす人物を仲間たちとともに次々と町から追放することに。次なるターゲットは、大家とトラブルを起こしていた男、武藤。しかし、男を狙っていたのは光太郎たちだけではなかった。とある事件を機に、互いの思惑は狂い始め……。





結論から言うと・・・めちゃくちゃ面白かったです。

これは自分的今年一番ではなかろうか、読み終わった後しばらくその素晴らしさに呆然としてしまいました。

川瀬七緒さんの作品では法医昆虫学シリーズがお気に入りだったんですが、その文体になかなか馴染めず今まで「面白い」止まりだったけれど、さすがにもう慣れたのか、この作家さん独特の畳み込むような文章に大笑いしながら読むことが出来ました。

完璧です、まさに完璧だと思いました。

最後まで抜けがない。

「~の末、衝撃のラストが!!!」みたいな帯を良く見かけますが、その表現が相応しいのは一見地味でありながらも日常と突拍子もない出来事が見事に融合したこういう作品ではないかと思います。

ラスト、本当に衝撃的でした、そして衝撃的でありながらも読んだ人が「あぁ~」と腑に落ちる。

これはすごい。

こういう読後感は新鮮でした。

タイトルや表紙のほのぼの感に騙されてはいけません、結構ダークです、「テーラー伊三郎」と同類項ではありません。

ミステリーなので内容については触れませんが、老若男女問わず「一筋縄ではいかない」人間と言う生き物の一端を垣間見させてくれる素晴らしい作品だと心から思いました、シリーズ化して欲しい。

興味のある方はぜひ秋の夜長のお供にどうぞ。



スポンサーリンク





さてさて、先日、母親からびっくりするような話を聞かされました。

な、なんと、、、、



私の兄が詩集を出したそうです笑笑笑!!


もうほんと勘弁してよお兄ちゃん。

あ、私には兄が二人いるんですが詩集の兄(笑)は長兄です。

年が離れているため兄はもうすぐアラ還、詩集とか出したくなっちゃうお年頃なのかしら。。。

「やっぱりお兄ちゃんはすごいわ」などと、よくわからない感心の仕方をしている母親から無理やり渡されたのがこちらの詩集。


0906.jpg


思いっきり名前がタイトルなので消しておきました、私ってばなんて優しい妹。

もちろん自主出版だけれども、自分の詩を活字にしたいと思い実際に行動に移したほどの情熱を兄はどこに隠し持っていたのでしょう。

もうこの件について語っても綴ってもニヤニヤ笑いしか出てきません。

一応中身もざっとは見たけれど、長男の成績表を見る時のように目の焦点をぼかすことは忘れませんでした。

これぞ兄妹愛ですね。

あぁ私の家族って変な人ばっかりだ。。。




~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆




スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです