記事一覧

家計の見直しは3大固定費から①住宅ローン編

GWではありますが、配偶者が休日出勤のため今日も5時に起きてお弁当を作りました。

次男も6時には起きて来ました、ほんと規則正しいです、とほほ。

休日はそれでもいつもよりはのんびり出来ます。

ちゃんとしたお昼ご飯を作らなきゃいけないプレッシャーはあるけれど(自分ひとりのお昼ご飯はたいていとてもテキトーに済ませてるので)。

うちは次男がミキサー食しか食べられないので、子供2人のメニューは同じでも一手間があります。

例えばこちらは長男用お昼ご飯。

5031.jpg

大学生とは言えエノキのように細い子で食も細いためこの程度。

そして次男お昼。

503.jpg

何がどれなのかちょっと考えないとわからない?いやこのメニューはわりとわかりやすいですね、色で識別できる。

時々本当に元はなんだったのかわからなくて、例えば長男に「○○のコロッケにもソースかけといて」と頼み、「・・・・どれがコロッケなん?」と聞き返されることも。

匂えばわかるのよ、匂えば。




さて今日は家計の見直しについて書こうと思います。

一応FP3級持ってて家計管理にはかなり興味を持ち、日々家計のミニマム化に励んでいますが、まだまだ修行中。

自分自身の「今」の認識を文字にして残す意味も込めて、あと、家計管理系の記事はネットに溢れているけれど、重度障害児の母というそれなりにマイノリティーな人間が書く家計管理術と言うのもあってもいいかなぁと思う気持ちもあり。

重度障害児の母、自身は特に変わってるとは思わないけれど、日々や人生設計に多少の工夫が必要な立場ではあるのかなぁと思ってます。

仕事に就く時とか、まぁその程度ですが(私の、次男が生まれて以後の仕事遍歴についてはまたの機会に)。


大は小をかねる?まず見直すのは3大固定費


さて、家計の見直し、と聞くとまっさきに思い浮かべられることが多いのが食費ではないでしょうか。

毎日、目に見えて出て行く食費は意識しやすく節約のターゲットにしたくなります。

だけど、食費って削ったところでたかが知れてるし、何より食卓が貧相になったら家族の健康が心配ですよね。

なので食費はなるべく削らない方がいいです。

お菓子とかジュースとか「嗜好品」が多い場合は、それのみ削ったり、果物やお茶代などより健康的なものに置き換えてはどうでしょう。

節約とはムダやムリを減らすことです。

食品をスーパーのはしごをして買い疲れ切るくらいなら、普通に買って家族で笑顔で食卓を囲みましょう。

お母さん(お父さんも)がしんどい思いをしていたら、子供もつらいですもん。

では何を見直すべきか?

それは3大固定費です、めっちゃ定番ですけど。

3大固定費とは「住宅ローン」「通信費」「保険」を指します。

ついでに言うと人生の3大出費(資金)は「住宅資金」「教育資金」「老後資金」です。


住宅ローン:借り換えor金利交渉はそれぞれの都合で



まずは「住宅ローン」について。

前年は長期金利の低下が著しい一年でしたね。

1月末のマイナス金利付き量的・質的金融緩和に始まり、イギリスのEU離脱問題の影響による長期金利の低下(この時期、住宅ローンでは変動金利よりも10年固定金利が低くなるという逆転現象が起きた)は、9月の「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付き量的・質的金融緩和」が発表されるまで続きました。

その後はトランプさんの影響もあり、日本でも円安・株高・債券安(金利高)が進行し、長期金利は少しずつ上昇しているようです。

そんな「長期金利最低水準」だった昨年、住宅ローンの借り換えを試みた人も多いのではないでしょうか。

私もそのうちの一人です。

今住んでいる家の住宅ローンを組んだのは14年ほど前?

当初は金利優遇期間がついていたものの、それもいつの間にか終了、でも特に何も考えていなかったのですが、日々メディアで発表される住宅ローンの金利を眺め、ふと自分の組んでいる住宅ローンの金利を見てみると・・・

めっちゃ高いねんけど。

フラット35の1番下がってた時で返済期間35年以下(融資率9割以下)が年1.25%だったかな?ちょっと記憶が曖昧なので信用しないで欲しいですが。

そんなご時勢にうちが組んでる住宅ローンは変動2.175%だったのです。

こ、これはあかんやろ~ってことで、さっそく他の銀行への借り換えを検討しました。

その時お世話になったのがコチラ→住宅ローンシュミレーション

住宅保証機構さんが運営しているサイトで、返済額や繰上げ返済の試算、返済プランの比較などが出来ます、良かったらどうぞ。

色々調べて借り換え先の銀行のめぼしをつけ、あ、でも今借りてる銀行の返済予定明細どっか行っちゃったから明確なローン残高がわからない!

てことで今住宅ローンを組んでいる銀行の窓口に行ってみる。

「あの、住宅ローンをこちらで組んでるんですけど、返済予定明細書をなくしてしまったので再発行してほしいんです」

簡単な手続きだけで再発行の依頼は完了しました。

その数日後・・・先日返済予定明細書の再発行を依頼したばかりの銀行(以下I銀行)から電話が!

「いつもお世話になっております。先日、当行にご返済予定明細書の再発行のご依頼を頂いたそうですが・・・・」

「はい、依頼しました(なになに?銀行の人から電話かかってくるなんてお初なんだけど!)」

「その件についてなのですが・・・再発行の目的をお聞かせ頂いてもよろしいでしょうか?」

再発行の理由・・・

あなたの銀行の金利が高いから他の銀行に乗り換えるつもりなんですよ、あっははー

ってほんとに言っちゃっていいのかしら。


言いましたけどね。

あっはっはーは言ってませんよ、いくら私でもまさかそこまでは!

「・・・やはりそうですか。そういう方最近多いんですよね、この低金利ですから。」

ですよねー、みんな考えることは一緒ですよねー。

「わたくしどもといたしましても、この状態が続き他行にお客様が流れてしまうと大変困った事態となりまして・・・ですので、一部のお客様につきましては、今後の金利に関してご相談とご提案をさせて頂いております」

なんか敬語がすごくてすっとは頭に入ってきませんが、要するに客をよそに取られるとこっちも困るから、今組んでる住宅ローンの金利をどうにかしてくれるってことかな?

「どういったお話でしょうか(にっこり)」

I銀行さんのお話は以下の2点。

・このままI銀行での住宅ローンを継続してくれるなら、金利を今より下げますよ。
・そのためには新たに2つほど契約サービスを増やして下さいね(ネットバンキングの開設と、今使用しているI銀行のキャッシュカードにキャッシング枠をつけること)。

ネットバンキングは前から開設しなきゃなーと思ってたし、カードにキャッシング枠がついたところで私の性格からしてキャッシング三昧な日々に陥落することはありえない。

提示されて新たな金利は以前と同じく変動ではあるものの0.775%。

私は固定金利にはこだわっていないし、変動金利は固定金利と違って今後上昇するにしても一度の上昇値に上限があることを知っているので変動金利のままでも不満はありません、正直

なんや、やれば出来るんやん(I銀行さん)

なーんて不遜な気持ちになったのは内緒。

変動金利と固定金利、住宅ローンを組む際にまず悩むことですが、どっちが得かは正確には完済後でないとわからないのではないかなぁ?

そして、当初予定していた借り換えをやめ、既に取引しているI銀行での金利引き下げで手をうつことで省ける手間を考えると、これは悪くない話です。

住宅ローンを借り替えるとなると、最初にローンを組んだ時同様に事務手数料・保証料・団体信用生命保険特約料などなどの費用の発生とともに、色んな書類を取り寄せたり保証人を決めたりと煩雑な作業をこなさなければいけません。

そういうのがなくなって、金利も希望通りとは言えないけど結構下がって、ですもんね。

もしまた金利がものすごーく下がるようなことがあれば、その時は本当に借り替えればいいだけの話ですし。

私はI銀行さんからの提案をのみ、結果、毎月の住宅ローンを2万円ほど下げることに成功しました。


子育てや介護中なら借り換えより金利引き下げ交渉も選択肢としてアリ


実はI銀行に返済予定明細書の再発行を依頼し、I銀行さんからの提案を受け金利の引き下げで合意するまでの間に、義母がくも膜下出血で倒れました、一命は取り留めましたが。

借り換えをする気満々ではあったものの、今後義母の入院生活が、私の付き添い生活がいつまで続くかわかりません。

次男の夏休みとも重なり、本当に時間のない日々となることは必定。

そんな時だったので私は、効果は多分借り換えた時ほどではないものの、簡易な手続きで納得出来る金額分住宅ローンの支払い金額を下げられる金利引き下げの方を選びました。

もっとも良いと思われる選択より、今よりは良いと思える選択で手を打つ。

そういう感覚も子育て中や誰かを介護している間は必要じゃないかなと思います。

いくら節約しても自分がボロボロになっちゃったら意味ないですもんね。




以上、住宅ローンの見直し私の体験談です。

借り換えほどの効果はない、と言いつつも、今回の金利引き下げで住宅ローン残り期間中の合計軽減額は300万円以上になります。

ちょっとの行動で今後の人生で300万円ものお金を浮かすことが出来、私は満足でした。

もちろん今後金利の上昇などの局面もあると思いますが、その時その時の自分の事情に合わせて、柔軟に対応していきたいと思います。

これから住宅ローンを見直す方の参考に少しでもなれば幸いです。

~参加中~ 

にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング

スポンサーリンク

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の高校生の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです