記事一覧

ししゃも愛が止まらない

今日はすごい雨だった私在住地域です。

昼前から神戸の方に行ったんですが、そこも大雨で、なんだか雨に追いかけられたような気分になりました。

せっかくの神戸なので少しうろうろしようと思っていたのだけれど、時間がなくなり用事が終わったら即直帰することに。

阪急で買い物したかったなぁ、ぐすん。

脈絡ないですがタイトルの件。

そう、私は今ししゃもにはまってます。

ししゃもと言ってもバンドの方じゃありません。

あの、魚のやつです。

ししゃもは実は子供の頃は嫌いでした。

丸ごと食べるのが当たり前だったり、メスだとお腹にざらざらした卵が入っていたりと、子供が嫌いな要素多いですよね、ししゃも。

私は魚を丸ごと・・・が特にニガテで、そう言えば小学校低学年の時、給食に出たわかさぎのフライがどうしても食べられず、掃除の時間まで泣きながらちまちま食べる羽目になったことがありました。

「給食は何があろうと残さず食べましょう」が通用したのは昭和ならではでしょうか。

今「泣くほど嫌がる児童を給食時間が終わってもなお机に座らせ、無理やり食べさせた」なんてことしたらニュースになるのかな。

なんだかそれはそれでオーバーリアクションな気もしないでもない。

過ぎてしまえば良い思い出?だよ、それなりに。

このように(どのように?)、「昔嫌いだった食べ物」は大人になって食べられるようになると途端ドはまりすることがしばしばあります。

私にとってししゃもがそうです。

「昔嫌い、今大好き」なものには他に、牡蠣や、よもぎ餅があります。

牡蠣はほんと昔は食べられませんでした。

あの見た目に特に拒否反応が出ました。

だけれども数年前から突然大丈夫になり、今ではどんなに当たって苦しい思いをしようとも、スーパーに牡蠣が並ぶ季節になると買って食べずにはいられないほどの大好物です。

幾度も私を襲ったじんましん、下痢、嘔吐、そんなものに負けないほどの愛を、牡蠣に捧げています。

よもぎ餅に関してはあれですね、子供の頃は

「なんでわざわざよもぎ入れるん?」

て感じでした。

が、今はあの独特の風味が大好きです。

今なら白い大福と緑の大福があったら迷わず緑のを選びます。

でもってししゃもです。

ししゃもは、キュウリウオ目キュウリウオ科に属する魚で世界中でも北海道の太平洋沿岸の一部(鵡川から釧路まで)でしか獲れないそうです。

なので漁獲高が少なく、よく似たキュウリウオや輸入品のカラフトシシャモが「シシャモ」として、安く売られているそうです。

今では単に「シシャモ」と言う場合こちらを指すことが一般的ですが、同じキュウリウオ科に属しているものの、キュウリウオはキュウリウオ属、カラフトシシャモはカラフトシシャモ属の別の魚です。

・・・まぁこんな薀蓄どうでもいいんですが。

そんな感じで大好きなししゃも。

近所のスーパーで買うことが多いけれど、個人的には阪急で売ってる塩麹風味のが一番おいしいと思った。

配偶者のビールのおつまみに、私のご飯のお供に、ししゃもは日々大活躍。

この日は一人ご飯の主役にもなりました。


05311.jpg


お弁当の残りとししゃものコラボ。

頂き物のたち吉のお皿に盛り付けてインスタ映えを目指してみましたが見事に失敗してます。

ししゃもを焼くとかなり匂いがするせいか、猫2匹が狂気に駆られたようになります。

かわいいかわいい愛猫だから、一緒においしいししゃもを分け合いたい気持ちはあるけれど、いかんせん、ししゃもは辛い。

猫達の健康によくありませぬ。

ゆえに、にゃーにゃー鳴きながら食卓をうろつく猫達をかき分けかき分けしつつ人間はししゃもを食べます。

かき分ける度「意地悪してるんじゃないからねー、君達の体に悪いからだよー」と言ってしまう気弱な人間。

「そのししゃもをよこさなければお前を食ってやる!」とばかりに迫力満点の猫。

そんな壮絶なバトルを繰り広げる羽目になることは重々承知しているにも関わらず、陳列されているししゃもを見るとつい買ってしまう、そして焼いてしまう。

これを愛と呼ばずして何が愛か。

あぁあのぷりっとした身からはじける旨みと塩気。

きっとまた見かけたら買ってしまう、食べてしまう。

猫達になんと言われようとも、私のししゃも愛はまだしばらく続きそうである。



スポンサーリンク





のんびりする時は思いっきりのんびりするぞー!と、何も予定のなかった昨日はひたすら家にいました。


05291.jpg


こういう時にはちょっと珍しい紅茶とかハーブティーとか飲んじゃいます。


05292.jpg


買ったものの読む暇が作れなかった雑誌もついでに読んでみたり。

心を亡くすと書いて「忙」しい、と言う文字の通り、忙しい日が続くと自分自身を見失ってしまう危険があります。

どんな時も自分は自分でいられるよう、意識して自分時間を大切にするようにしたいと思う今日この頃です。



~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆






スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです