記事一覧

総合病院の待ち時間がハンパない件

今日は父の病院の付き添いをして来ました。

父は膀胱ガンだし、心臓に人工弁は入ってるしで毎週のように検査や薬のため病院に行っています。

それ全てに付き添うのはさすがにきついけど、今回は肺ガンの検査結果がわかる日だったので行って来ました。

膀胱ガンの診断を受けてから早2年?手術や薬物治療を繰り返しつつ何とか今までしのいで来ましたが、前回の健康診断で「肺に怪しい影が?!」と言われたのです。

とうとう転移か~とこちらは早くも諦観モードになりそうだったけれど、まぁまずは精密検査だよねってことで少し前CTやら血液検査をしました。

今回の検査結果で「やはり怪しい!」と言うことになればいよいよ気管支鏡検査などなど、ちょっとハードな検査をしなければいけません。

そうなった場合、今後の手順などを聞いて、覚えて、他の家族に伝える人間が必要。

母ではその役目が果たせない=私の出番なんですねぇ。


04241.jpg


と言う訳で行って来ました雨の中。

市内でも1、2を争う総合病院は、お天気なんて関係なく大混雑。

父を車椅子に乗せ、診察室の前で順番が来るまで大人しく待つことにしましたが・・・やっぱ総合病院の待ち時間はすごいですね。

うちの近所にも総合病院があるんだけど、最後に行った時に4時間とか待たされて、それ以後行かなくなりました。

総合病院はあれです、もう薬をもらうところ、で良いと思う。

熱があってぜえぜえ言ってる次男を連れて、今か今かと診察を待っているすぐ側で「今日は薬こんだけもらってん」「私なんてこんだけやで」などと、もらった薬自慢をしている高齢者の話が耳に入った日にゃもう体中の血が沸騰しますよ。

で、普通の病気の人用の病院を別に作ってくれたらいいな、と。

まぁ市民病院が財政破綻したほど貧乏なうちの市ではありえないかも知れないけど。

ということで結局2時間待たされ、やっと診察室へ。

肺のCT画像を見ながら医師が結果を説明してくれましたが

「今回の画像がコレで、前回6ヶ月前に撮った画像がコレ。気になる陰の大きさに変化はないものの、これがガンであるかどうかは更に検査をしてみないとわからないですねぇ」

とのこと。

・・・じゃあなんでこの検査したん?と言いたくなった。

ガンだとしても父の年齢だと進行は遅いし、更に検査をするのも父の負担になる。

どうされますか?と聞かれたので「とりあえず時々検査して経過観察ってことで」と答えました。

それ以外言いようなくない?笑

ぶっちゃけ父ほどの年齢になったら、体内に完全に正常な臓器なんてあるんだろうかと思う。

肺の影とか私だって存在してたことあった(肺炎が治った跡だったらしいけど、本人は肺炎にかかった記憶すらなかった)し、気になる所を全ていちいち検査してたら病院通いで過労死しそうやん。

何はともあれ、完全に疑いが晴れた訳ではないけれど、とりあえず今すぐどうこうというものではなかった、とわかり、父と母はホっとしたようです。

時刻は既に13時前。

普段11時過ぎにはお昼を食べている3人、診察を終え飛び込んだのは病院ロビーの喫茶店。

こちらで「サンドイッチでも食べよう」と母が言い出したため入店しましたが。


0424.jpg


喫茶店?と言うか簡易喫茶店?

そこでお料理はしてなくて、コーヒーはドリップのやつだけれど、袋入りの菓子パンやサンドイッチが置いてあるだけのただの食事スペースみたいなところでした汗。

あぁこんなことなら診察後すぐバイバイして大戸屋さんでも行って鶏の黒酢あんかけ定食でも食べときゃ良かったかなぁと思いながら、どうやったらこんなに水分が抜けるんだ?!と不思議に思うほどパサパサなサンドイッチを頬張りました。

患者さん多いんだから、もう少しこういう所にも力入れてほしいなぁ。。。

食事なんだか間食なんだか悩むような時間を過ごした後、電話で呼んだタクシーに父と母を乗せ、私は電車で帰宅(父と母の家は病院からワンメーターほどの距離、私の家はそこから二山くらい越えたとこ)。

やっと終わった~~~と思って、まずはコーヒーでも淹れようとお湯を沸かしていたら、さっき別れたばかりの母から電話。

「今日はありがとう」

はいはい、どういたしまして。

「じいちゃんがね、何でタクシーに3人とも乗って、先に自分達だけ降りて、そのままみけこ#をタクシーで帰さへんかったんやってえらい怒ってるねん」

・・・はい?

「私は貧乏性やから、あんたまでタクシーで帰すなんて考えつかへんかったけど、そう言えばそうやったねぇ」

・・・はぁ?

「どんだけじいちゃんがあんたのこと大事に思ってるか改めてわかったわ~」

・・・えーと、私は電車で帰るのは全然構わなくてむしろ早く親から解放されるから今回のやり方が大歓迎なんだけど。


次も何かあったら行かざるを得ない気持ちにすごくなりました汗。


うちのじいさん意外と策士なのかもしれませぬ。



スポンサーリンク





話は全然違うんですが。

このブログで私はよく「うちの市でグループホームに子供を入居させたかったら親は育成会に入るしかない」と言って来ました。

現状は確かにそうみたいです。

が!

近い将来そうでもなくなる、ような話が最近耳に入って来ました(オフレコなので詳しくは書けません)。

もしそれが本当だとしたら、育成会の生活介護事業所入所を目指している・所属している人以外は、育成会入ってる意味が全くなくなりますよね。

私は来期育成会の副理事をします。

そのために色々犠牲にすることも出てくるでしょう。

だけれども、近い将来所属している意味がなくなるとしたら・・・何のために犠牲を払うんだろうと思ってしまいます。

まぁまだ未確認情報なので当面は現状維持するけれど、その時が来たら色々考えなきゃなぁと思います。



~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆







スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです