記事一覧

【胃腸炎】口と鼻は繋がってると実感した出来事

前回の更新からだいぶ間が空いてしまいました。

理由はタイトルにもありますように、まず胃腸炎です。


0309.jpg


元々私は胃腸は丈夫な方だと思うんです。

多少危ないものを食べても、他の人は気持ち悪くなっても自分だけケロっとしてることがこれまでに多々ありました。

そんな私が「胃腸炎になった」というと、周りの友達とかは揃って「ストレスじゃないの?!」と言ってくれます。

ストレスで胃腸炎になることってあるのかな?

てか、ストレスとか疲れとかって私よくわからないんですよね。

嫌なことがあってムカついた、とか歩き過ぎて足が痛い、とかはわかるけど。

それに。

ストレスや疲れを感じたところで、日々やらなければいけないことの量は変わらない。

そして例えストレスや疲れを感じていても、その仕事量が減ることも休息時間が延びることもない。

なら、それらを感じることにどんな意味があるのでしょうか。

・・・こんな考え方してるからしょっちゅう発熱するのかも知れません(汗。

さて、記憶にある限り生まれて初めてかかった本格的な胃腸炎。

今後もかかる可能性もないとは言えないから、自分への覚え書きとして症状の経過等を記したいと思います。


スポンサーリンク



胃腸炎1日目:突然の吐き気


この日は朝から紙ごみをまとめたり、次男のお別れ会に向けての準備作業をしたりと、いつもよりむしろ調子よく過ごしていました。

春休みで家でゴロゴロしている長男と一緒にうどんを食べ、また作業に戻り、そろそろ晩ご飯の準備をしようと台所に立つと・・・猛烈な吐き気がこみ上げて来た

これは午前中、作業で字をいっぱい読んだから、それに酔ったに違いないと思い、数分ソファに横たわる。

そろそろ大丈夫だろうと思い、また夕食作りに戻ると・・・また吐き気が。

慌ててトイレに駆け込み、便座に覆いかぶさるようにすると待っていたかのように嘔吐。

これで少しすっきりしたため、手や顔を洗って再度台所へ行こうとすると・・・強烈な吐き気。

・・・どうやら体を縦にすると吐き気がこみ上げる。

仕方なくリビングの床に横たわり、ついでに熱を計ると37.5度。

平熱ではないけれど、たいしたことないし、と思い、その後何度も立ち上がろうと試みるも、その度吐き気に襲われ、配偶者が帰宅するまでに合計5回吐きました。

普段吐き気を訴えることなどない私の状態を見て配偶者は「絶対インフルBやって!」。

インフルはAしかかかったことのない私、Bってこんなに苦しいんだと少し感心しながらその日はいつもより早めに寝ることにしました。


胃腸炎二日目:口と鼻は確かに繋がっていた


ベッドに入ったものの、夜中の1時過ぎに吐き気で目が覚める。

寝室のある2階にもトイレはあるけれど、水を流すと次男が起きるかもだから階下へ移動。

とりあえず体温を測ると38.7度、おぉ高熱やん。

そしてまたリビングとトイレの往復を一人でのたうち回りながら1時間ほど繰り返す。

もうこの時点で吐くものなど私の体には残っておりませぬ。

便座に覆いかぶさり、水分ばかりをマーライオンのごとくジャージャー吐いていると、あら不思議。

鼻からも吐けるよ・・・?

出るのは水分ばかりだから、鼻から出ても痛くはない。

口と鼻からジャージャー、ジャージャー。

この発見に気分は悪いけれどもちょっと笑ってしまい、朝起きた配偶者に事情を話し、「これは学会に報告するレベルの発見ではないか?!」と伝えましたが、「そんなわけないやろ」と一蹴されてしまいました。

この日は配偶者に会社を休んでもらい、病院に連れて行ってもらいました。

診察室に入り、症状を説明、「インフルB!」であると断固主張する配偶者の意を受けて、検査を受けてみるも、結果はなんと陰性!

インフルB・・・じゃなければ一体なに?!

触診やら何やらしてもらって医師から出た診断名は「胃腸炎」。

胃腸炎なら嘔吐下痢の説明はつくけれど、39度近い高熱が出るのはなぜでしょう。

医師にその疑問をぶつけると、

「それだけきつい胃腸炎」

・・・あ、はい。

胃腸炎には色んな症状があるんですね、私みたく高熱が出ることもあるようです、大人でも。

診察を終えお薬をもらって帰るも、せっかくもらって整腸剤や吐き気止めも、頻繁に沸き起こる吐き気のおかげですっかりリバースされてしまい効果が感じられない2日目でありました。


胃腸炎3日目:症状いまだ治まらず


この日はほぼ寝てました、寝て吐いて、吐いて寝て、みたいな。

次男の送り迎えはやっていたものの、ふらつきと吐き気がひどく他の家事等は出来ず。

家族に迷惑かけてるなぁと自己嫌悪に陥るものの、まとまってものを考えることも出来ない状態。

ふらふらがとにかくひどいから試しに体重計に乗ってみると、わずか3日で2キロ減。

病気のせいでなければ小躍りする数字だったのになぁ。


胃腸炎4日目:多少マシになってきた


吐き気とふらつきはあるものの、ずいぶん気分はマシになって来た4日目。

明日は一日用事が入っているから、何が何でも今日中に動ける状態まで持っていかなければ行けません。

試しにお雑煮(お餅って消化いいイメージ)を作って食べてみると、しばらく待っても吐くことはありませんでした。

よし、あっさりしたものなら食べられる!と自信がつきました。

お昼はお茶漬け、夜はうどんを半玉分食べました。


胃腸炎5日目:今日は寝込んではいられない


今日は午前中、学校役員のお仕事でペットボトルのお茶を136本買い、学校のPTA室まで運ばなければいけません。

まだふらふらはするものの、朝から吐き気はなく、これなら動けそうです。

友達に手伝ってもらってお茶や必要なものを買い、学校へ運ぶ。

作業はスムーズに運び、次の予定まで友達とランチタイムすることが出来ました(山かけそばを食べたよ)。

午後からは育成会の役員引継ぎのために事務所へ。

私は来期、市育成会の副理事をすることになっております。

2時間ほど副理事のお仕事の説明を聞くも、どうにも集中できないのはやはりこのふらふらのせいか・・・。

とりあえず失礼がないよう、メモを取り、随時疑問点等を質問し、無事引き継ぎは終了。

一回ざっと説明聞いただけで全容など把握できるわけもなく、今後も多分全副理事さんたちにはお手数おかけすることしばしばになるだろうなぁ。

副理事が携わる仕事は来期以降は縮小する予定ではあるらしいけれども、やると決めたからには他の方々に迷惑をかけないよう、全力を尽くそうと思う今日この頃でした。


胃腸炎6日目~現在:ふらふらがしつこい


今日で胃腸炎発症から10日ほど経ちましたが、いまだに時々ふらふらします。

まだ完全復活は出来ていないけれど、日常生活は支障なく送れるようになったから、それで良しとしています。

昨日は次男の卒業式にも参加出来ました。

たくさんの思い出や思い入れを含んだ次男の卒業式、それに関しては次回の更新にて記したいと思います。

少し暖かくなったと思ったらぶり返す冬の寒さ、安定しないお天気は体調に大きな影響を及ぼします。

みなさんも新年度に向け気ぜわしい、慌しい日々をお過ごしとは思いますが、どうかご自愛くださいね。



~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆




スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです