記事一覧

【海外ドラマ】ブレイキングバッド見終わりました

今日は次男が通う特別支援学校の創立記念日です。

なので次男は今日から4連休。

何をして過ごそうか悩みますね、今日は午前中とりあえず散歩に行ってきました。

ついでに公民館に寄って「届きました」メールが来てた図書館の本を受け取ろうとしたものの・・・公民館の図書室の開館日ではなかったため門前払い^^;

ネットで予約して近所の公民館で受け取ると言うのは今回でまだ2回目で、公民館の図書室に開館日とかがあるのすら知らなかった私が迂闊でした。

だがしかし、公民館受付にて事情を説明した折の職員の方々の「はあ?今日開いてませんけどぉ?」みたいな対応にムカつく権利はきっとある、と言うことにしとこう。

もうちょっと物には言いようがあるはずよ、大人なんだから!

気を取り直して散歩の続き、秋晴れの今日は近所をうろうろ歩くだけでも気持ちよかったです。

11022.jpg

真っ青な空と次男のふわふわの手、これは結構至福かも。

最近週末は雨が多くて二人で昼間散歩に行くのは久しぶり、普段は登下校時くらいしか通らない道も新鮮に思えました。



スポンサーリンク





さてタイトル通り海外ドラマ「ブレイキングバッド」を先週全シーズン見終わりました。

1102.jpg

アメリカ南西部の田舎町。ウォルター・ホワイトは、身重の妻スカイラーと脳性麻痺の長男フリンとの生活を支えるために高校の化学教師の傍ら、アルバイトで生活費を稼ぐ平凡なプワー・ホワイトであった。学校ではやる気のない生徒たちと向き合う日々により無気力さに犯された生活が、自身に肺がんが見つかったことから運命は狂い始める。麻薬取締局に勤めている義弟のハンクから、「覚せい剤が儲かる」ことを聞いたウォルターは、死ぬ前に家族に財産を残すため、低所得者層向けの覚せい剤である「メタンフェタミン」(通称メス)の密造を決意する。   by wiki

まだ見てない人もいると思うので、ネタバレにならないよう慎重に感想を書かなければ・・・。

ブレイキングバッドは要するに「真面目な高校の化学教師が自身のがんをきっかけに家族にお金を残すべく覚せい剤の製造に手を染めるが、やることの全てが悪い方に転がっていく」と言うお話です。

ただただ「ありゃ~」な展開満載で、登場人物も一癖あるキャラばかりです。

主役のウォルターは多分普通にしてたら良い人なんだろうけど、物語が進むにつれ多分本来持っていたのであろうエゴや傲慢さが顕著になって来て、段々嫌いになってくる笑。

同じく主役のジェシーは、こちらも元はただの小悪党なのにウォルターと関わってしまったばっかりに自分に合わない人生を強いられ、ひたすらかわいそうになって行く。

もし自分だったら・・・を考えた時、まだ感情移入できるのはウォルターかなぁ?

ジェシーはちょっと弱すぎて無理、あらゆる子供に示すあの異常なくらいの愛情も理解出来ないし、やったことにいちいち罪悪感抱きすぎで潔くない。

悪党やるならどこまでも悪党らしくしましょうよ、と思う。

ウォルターの奥さんのスカイラーもニガテなタイプ。

なんかこう・・・ヒステリックじゃないですか、彼女、きーきーうるさいし。

同じく結構きーきー言うスカイラーの妹・マリーはそこまで嫌いじゃないのはきっとマリーの持つ「弱さ」がかわいらしい性質のものだからかなぁ、ハンクも含めてこの夫妻はなかなか好感が持てます。

そんな私のブレイキングバッドにおける一押しキャラはこちら。


トッド・アルキスト

11021.jpg

マット・デイモンに似てますが違います、 ジェシー・プレモンスと言う俳優さんです。

シーズン5より登場する彼はブレイキングバッド史上最も冷酷で残酷なキャラと言われていますが、私は彼が好きすぎて困るくらい好きです。

冷酷?残酷?どこが?

ってくらい彼の言動に共感を覚えます。

色んなファンサイトを見てると、どうやら彼はソシオパス(社会病質者)のようですね。

ソシオパスとは、サイコパスと同じく反社会性パーソナリティ障害の一つですが、サイコパスが先天性のものとされているのとは逆にソシオパスは後天性(養育環境等が影響)で、その特徴として

・法律にかなって規範に従うことができない、逮捕に値する行動

・自己の利益のために人を騙す

・衝動的で計画性がない

・.喧嘩や暴力を伴う易刺激性

・自分や他人の安全を考えることができない

・責任感がない

・良心の呵責がない

の7つがあげられています。

トッドの場合、特に顕著なのが「人の感情に興味がない」と言うことでしょうか。

・・・え、それって普通のことじゃないの?と思った私ももしかしてソシオパス傾向ある??

人の感情は人のもの、干渉するつもりもない代わりに責任を負うつもりもない、のスタンスで生きてます。

どうにも感情移入出来るキャラが見つけられなくて困惑するブレイキングバッド、彼の登場で私は一気にうきうきしました。

彼の言動に「えぇぇ!!」と驚く配偶者の隣で、「普通やん、私でもこうするわ」と何度言ったことでしょう。

やったことをいつまでもくよくよ悩んだ挙句病んだりするジェシーより、よっぽど共感出来るキャラです、トッドかわいいよトッド。

************

そんなこんなで見終わったブレイキングバッド、多分このドラマは全編で1話と考えた方が良い類のドラマかもしれません。

1話完結のオムニバス的なドラマが多い中、なかなか異色かも。

5シーズン、全62話で構成され、海外ドラマとしては短めなものの、ずっしり心に響く重量級の作品だと思います。

さて毎夜ほぼレギュラーで見てた作品を見終わったので、次は何を見ようかな?

とりあえず今日「ゲーム・オブ・スローンズ」借りてきました笑。

こちらも楽しみです。


~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の高校生の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです