記事一覧

【介護保険】担当者会議に出席してきました

昨日、うちの母親と電話で話していたら、どう言う訳か突然母親がわなわなし始め、

「買い物に行かなきゃいけないのに体がしんどくて行けない」

「この間、心臓が釘を刺されたみたいに痛くなった」

「これからのことを考えると不安で眠れない」

「もう冷蔵庫は空っぽで、お米もない」

などなど、機関銃のごとく泣き言を吐き出して来ました。

うちの父は週2でデイサービスを利用していて、父がデイに行っている間、母はリフレッシュやリラックスにその時間を使う・・・ことになっていたはずなのに、どうやら父がいない時間ずっと一人で鬱々としていたようです、てか先週末も私行ったんだけど。。。

涙ぐみながら「米もない」「野菜もない」と訴えられたらこちらはどうしようもありません。

仕方なくお米や野菜などの食料品を買ってその日のうちに届けることにしたのですが・・・兄家族と同居している母達。

なぜに専業主婦の義姉と無職の26歳の姪(どっちも自分専用の車有)がすぐ上階にいるにも関わらず、私が電車とバスを乗り継いで米や野菜を届けなければいけないのかとちょっぴり疑問を抱きました。

まぁ・・・いいんですけどね。

それにしても母の現在の症状は「夜眠れない」「先のことを考えて不安になる」「感情のコントロールが出来ない」などなどで、これ神経内科とか受診したら欝の診断書くらい簡単に取れるんじゃなかろうか。

まぁ・・・いいんだけどさ。

***********

さて、今日は父がいつもお世話になっているサービス事業所さんの責任者さんたちが集まる担当者会議がありました。

担当者会議とは、担当のケアマネジャーを中心に、介護サービスを提供する事業者やサービスにかかわる担当者(ホームヘルパーやデイサービス担当者など)、利用者(要介護者)本人やその家族、医師(かかりつけ医)などが集まって、各々の立場から意見を述べサービスを検討する会議のことを言います。

10252.jpg

今日集まったのは担当ケアマネ、デイサービスの管理者、父が今まで利用したショートステイの担当者2名、レンタルしている福祉用具の方の5人、プラス私と父、母です。



スポンサーリンク



担当者会議は各担当者の報告から始まります。

デイサービスでは父はだいぶ慣れたようで、以前はあれほど拒否していたお風呂にも入るようになり、他の利用者さんとも仲良くしているようです。

ショートステイ先では、やはり帰宅願望が強いため、「タクシー呼んでくれ」「家に帰りたい」を連呼しているようで、時にはスタッフさん相手に声を荒らげることはあるものの、他の利用者さんとトラブルを起こすこともなく、過ごしていたそうです。

福祉用具のお店の方には今まで通り歩行器、車椅子、浴室用のイスの貸し出しをお願いしました。

そしてお次は家族からの希望、意見を述べる時間。

母はまたしてもわなわなし始め、言ってることも支離滅裂、自然私に注目が集まるので、普段母から聞いている母の希望を伝えました。

・現在一番困っているのは母が思うように家事が出来ないこと、なので、ヘルパーさんの家事援助をお願いしたい。

→家族と同居している場合は原則家事援助でのヘルパー利用は不可。一般よりは安価で利用できるシルバー人材派遣のお手伝いを検討してみてはどうか。

・デイサービスは父もだいぶ楽しめるようになって来たので今までの週2回から3回に増やす方向で、でも本人の希望に沿って柔軟に対応して頂きたい。

→了解です。

・母も見ての通りかなり弱っているので、認定調査をお願いしたい、等級は低いが身障者手帳持ち、心疾患有、必要なら新たに精神疾患の診断書も取る、と言うことで合わせ技一本的に要支援1くらい取れないか?笑

→お母様の介護認定調査はいつでも可能ですので、スケジュールを調整し、できるだけ早く対応します。

・・・最後のは私からの提案でした、うへへ。

もうねー、各サービス事業所さんみんな多分うちの母を心配して少しでも楽になるように心を砕いて下さってるんでしょうけど、父がショートに行こうがデイに行こうが、母がその間家で鬱々としてたら全く事態解決しないんですよねー。

今はネットスーパーだってあるし、お米だって電話一本ですぐ届くじゃないですか。

タブレットの用意とか契約とか、宅配専用のお米屋さんへの連絡とか、私がするよーと言っても拒否するのは母なんです。

そして「米もない」と泣く。

何もしたくない、出来ない、そんな気力がない、のが一番の問題なのだー。

正直この辺の気持ちは私には全く理解も想像も出来ない世界の話で、彼女が何をどうしたいのかさっぱりわかりません。

「先のことを考えると不安になって眠れない」?

考えなきゃいいだけじゃないですかね。

それでもどうしても考えてしまうなら諦めればいい

そんなアドバイスしか思い浮かばない。

なので何かある度対処療法的対応を重ねてるのだけれど、それが正しいのかどうかわからないしなぁ。

母は一応私に気を使っているようで、担当者さん達の前で

「息子達は忙しいし、娘に頼ることがどうしても多くなってしまって・・・でもこの子も仕事してるし、手のかかる子もいるのに・・・この子が潰れてしまったら本当にもうおしまいなんです、この子には無理させられないんです」

と切々と訴えておりましたが

すみません、あなた達のために私は無理はしません。

と言いたかったです。

私が無理をするのは次男に関することだけです。

親よりも何よりも最優先なのは次男です(長男はもう二十歳なので管轄外)。

実家行って色々するのもこうやって話し合いに参加したりするのも、次男を優先した上での余力でやってます。

親の介護は親が死ぬまでたけど、子供の介護は自分が死ぬまで。

親には申し訳ないが、兄妹3人で分担する、を建前に出来る親の世話より、私の後ろには誰もいない次男の世話の方が優先に決まってる。

冷たいですか?でも私は自分の心を曲げるくらいなら人に批判される方がマシ、これも優先順位の問題ですね。

会議は1時間ほどで終わり、まぁまぁ納得の行く話し合いと情報共有が出来たと思います。

1025.jpg
実家のものすごくうるさい犬くん。

そしてまだまだやることがあったので、私はお茶を飲むこともなく実家を後にしました。

*********

その後私が向かったのは多田にあるフルーツファーム果楽土 shop&cafe(カラット)さん。

母に、奄美大島の叔母へ柿とリンゴを送るよう頼まれていたのです。

カラットさんはお店の前を通ることはあっても寄ったことは1~2回しかないかも?

隣接しているカフェのフルーツサンドが有名らしいです。

フルーツファーム果楽土 shop&cafe(カラット)
兵庫県川西市多田桜木2-3-28 リバーサイド岡田ビル 1F
営業時間
[月~土]10:00~19:00(L.O.16:30)
[日曜日]10:00~17:30(L.O.17:00)


叔母宅への果物の配送手続きを済ませ、近くの銀行にも寄って、やっとお昼ご飯!

10251.jpg

久々にかごの屋さんの日替わり昼膳でございます♪

すごく混んでいたけれど、タイミングが良かったのかさほど待たされることなく席に通されました。

おじいさんとおじさんに挟まれてご飯を食べてお茶をすすり、「あ~幸せ♪」と思える自分で良かったなぁとつくづく思った今日この頃でした。


~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の高校生の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです