記事一覧

おばあちゃん猫を病院に連れて行きました

うちには推定15~6歳のおばあちゃん猫と、4歳のピチピチギャル猫がいます。

どっちも元保護猫なので正確な年齢はわかりませんが。

日曜日の夕方くらいだったかな?おばあちゃん猫の方の右目が目やにだらけであることを発見しました。

昼にご飯上げた時は何ともなかったのに、急に・・・だったので、心配になり週明け病院に連れて行くことにしました。

もう結構なお年だし、最近お腹を触ると柔らかいしこり?みたいなのがあって、ずっと気になっていたし良い機会です。

連れて行くのはこの子。

1024.jpg

めっちゃ堂々としてますが猫です。

まるでわが家の主のようですが。

納戸からキャリーバッグを引っ張り出し、ペットシートといらないタオルを敷き、その他の用意をしていると・・・

10241.jpg

あんたじゃない笑。

猫は箱系に入るのは好きだから入れるのは楽々。

だけど、車での移動がすごく怖いらしく、道中延々鳴き続けてました。

その鳴き声を例えるとしたら・・・

腹式呼吸で泣く赤ちゃん

みたいな?

そりゃもう耳に響く「なーお!なーお!」でした。。

病院に着き、問診票を書き終わると、空いてたのかすぐ診察してもらえました。

T動物病院の院長先生はロン毛でサーファーみたいなビジュアルの方です。

「今日はどうされましたかー?」

の言葉に

「あの、右目がやたら目やにが出ててですね」

と説明しながらキャリーバッグを開け、おばあちゃん猫を見せます。

気付いたら知らない場所だった!となると、ギャル猫の方なら大暴れするのですが、そこは年の功?大人しくうずくまり、小さな声で「にゃー」と鳴くおばあちゃん。

まず目に傷がついていないかを調べ、白目の部分を見てみると右目だけ充血してます。

「んー、多分これは結膜炎だと思います、目薬出しておきますね」

と先生。

そこですかさず

「あの、お腹の下の方にしこりみたいなのもあるんですが・・」

と私。

だってせっかく病院に来たんだから、気になることは全部済ませておきたいじゃないですか!

年齢的にもがんとか尿路結石とか気になるため、先生がお腹をむにむに触診します。

「う~ん、どの辺ですかぁ?」

と言われ、私も一緒に触ってみるんだけど、あのしこりは一体どこへ?見つからないのです。

二人がかりでお腹をむにむにしていると、気持ちが良くなったのか「ゴロゴロゴロゴロ・・・」と喉を鳴らしだすおばあちゃん。

「こんなとこでゴロゴロ言う子珍しいね~」

と先生も笑顔。

そして散々むにむにした後、先生が一言。

「触ってみたけど・・・脂肪しか見つからないなぁ」

・・・脂肪っすか?!

確かにたいていの初対面の方に「貫禄あるねー笑」と言われるおばあちゃん猫、毛はふさふさ、体もそこそこむくむく。

私が気にしていたお腹のしこりは脂肪だったのかーと拍子抜けしつつも、病気ではないとわかりほっとしました。

手を離してもバッグの中から飛び出すこともなく、喉を鳴らしてじっとしているおばあちゃんの姿に、「病院で診察受ける時は常に3人がかり、四方八方に『しゃーーー!』と威嚇をかますギャル猫の方」との違いを見ました。

やっぱり同じ猫でも性格が違うと病院での態度も違いますね。

この子なら私一人でも楽々病院連れてこれるわ♪

そしてもらった目薬1本。

10245.jpg


これ+診察代でお会計¥4320也。

さすが保険が効かないペット、高額ですね・・・。

ペットも家族の一員なのに、どうして健康保険が適応されないのか私にはさっぱりわからないよ!

まぁとりあえず、おばあちゃんではありながらもわが家の大切な家族の一員が健康であることが確認できて良かったです。

病院代は・・・安心料と思うことにしよう、うん。


スポンサーリンク





さてさて秋も深まり、冬服準備をしなければいけない季節となりました。

うちではこの時期私は次男の服の補正に追われます。

次男=ウエストは太く、足は短い笑。

なのでズボンの補正は必須です!

買う時はウエストでサイズを合わせ、裾上げが定番。

手縫いだと時間かかるからミシンでだだっとやっちゃいます。

10242.jpg

このミシン、買ったのは15年ほど前なんですが、メンテナンスも特にしてないのに今も現役でバリバリ働いてくれてます。

とにかくモーターが丈夫なもの!と思い、少々お値段が張るのを買ったのが良かったのかな。

仕上がりはこんな感じ。

10243.jpg

うん、めっちゃ歪んでる。

細かいことは気にしない気にしない・・・。

こちらは私にとってはちょっとレアな補正。

10244.jpg

次男はもう紳士用Mサイズなのだけど、紳士用ってウエストにゴム入ってない場合多いじゃないですか?

動きが多い次男にはやはりウエストはゴム入りが良いので、ゴムの入っていないズボンに強引にゴム入れちゃいました。

ウエストのとこをはさみで切り、ゴムを通して入り口と出口の部分をゴムを折った部分で隠します。

これでほつれることもなく、ウエストゴム入りズボンの完成です。

見た目はあまり良くないけれど、着心地重視です。

まだまだ補正の余地のあるズボンはあるものの、根をつめると肩こりがひどくなるのでまた今度気が向いた時に。

針仕事は好きだけど得意ではないため見た目があんまり良くない結果に終わることが多く、でも笑顔で喜んでくれる次男に感謝感謝です。


~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです