記事一覧

ふるさと納税と面白かった映画とか

気がつけば10月、季節はすっかり秋ですね。

年々月日が過ぎるのが早くなる今日この頃、気付けば年末!になるのも時間の問題かもしれません。

そして、そう言えば今年ふるさと納税をまだ1回しかしてなかったことに思い当たる。

このブログの過去記事によると、前したのは6月みたいですね。。。

もうあまり時間もないし、額多めのをいつもお世話になっているふるさと納税のポータルサイト「さとふる」さんで選びました。

今回私が寄付をしたのは神奈川県の山北町さん、そして返戻品はこちら。


1012.jpg


THE おせち。

なんかめっちゃ豪華でびびる。

毎年おせちは実家&義実家で食べるのみ!で自分達では用意しない我が家。

だって両実家で食べる分だけで飽きるんです。。。

私の実家は私の兄妹家族もお正月行くけど、配偶者の実家はうちしか行かない=私家族のためだけにおせちを買ってくれてるから、次のお正月はわが家からこの注文したおせちを持って行こうと思います。

税金対策も出来て姑も喜ぶ、まさに一石二鳥ですね。

このおせちは「全国名水百選」にも選ばれた、洒水の滝(しゃすいのたき)から流れる酒匂川周辺の工場で作られたもので、冷凍され、お重に盛り付けられた状態で届くそうです。

年末に届くそうなので、届いたら現物画像の公開しますね♪

あ、寄付金の使い方では「SL列車の復活」を選んでみました笑。

こういう夢のある選択肢、好きです。


スポンサーリンク





さて後半は最近借りて面白かったレンタルDVDのご紹介。

だいたい毎日海外ドラマを見てるけど、たまには映画もいいですね。

私の趣味的に面白い作品に当たることはそこまで多くない、だが、めげずに見続けることで「おぉ?」と思えるのに出会えたりもする。

今回はまずその滅多にない「おぉ?」な作品からどうぞ。


ライト/オフ (2016) LIGHTS OUT
監督デヴィッド・F・サンドバーグ

10121.jpg

電気を消して暗闇になると現れるという不気味な何かに恐怖を抱く弟マーティン(ガブリエル・ベイトマン)を守るため、レベッカ(テリーサ・パーマー)は久々に実家に帰ってくる。二人はたくさんのライトを用意して夜を迎えるが、次々に明かりが消え暗闇からえたいの知れない何かが迫ってくる。狙われる理由もわからぬまま不安な時を過ごす中、レベッカの一家に隠された秘密が明らかになり……。

動画サイトで公開され驚異的な再生数を誇った映像を、『ソウ』『死霊館』シリーズなどのジェームズ・ワンが製作を務め映画化した作品。

ジェームズ・ワンは観客をドキドキさせるのが本当に上手ですね。

「死霊館」同様、暗闇を使って恐怖をあおる手法がさすがです。

この手のそこまで知られていないホラー系映画(マイナー作品?)て、とにかくはずれが多く、最近私が見た「パッセージ 牙剥く森」とか「エルサレム」とか「イット・フォローズ」、「ZOOMBIE」などは、見終わってから「はぁぁぁ??」と違う意味での絶叫をしたくなりました、「ZOOMBIE」に至ってはタイトルに反してゾンビ映画ですらなかったし。

それを考えるとこの「ライト/オフ 」は大当たり。

だって筋がちゃんと通ってる上に、結末も納得の行くものだったから。

マイナージャンルにおいては、この「筋が通っているかどうか」が、そもそもかなり高いハードルだったりするのです。

ぜひ見て頂きたいのでネタバレはしません、そして見ようかなと思った方は絶対に「未公開映像」も見てください

怖い、でもちょっと切ない、そして「生きている人間」の強さも伝えてくれる、それが「ライト/オフ」、オススメです。


************


お次は前から見たかったけどなかなか旧作(レンタル100円)にならなかったこちら。

スーサイド・スクワッド (2016)
監督デヴィッド・エアー

10122.jpg

世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

コミック原作の映画って私は結構好きで、中でもX-MENシリーズははまりましたねー、若い頃のチャールズと年取ってからのエリックが推しメンでした。

スーサイド・スクワッドはコミックで人気のキャラクター『バットマン』シリーズのジョーカーをはじめ、アンチヒーローたちが減刑と引き換えに作品の垣根を越えて共に任務に挑む!と言う内容となっています。

作品としては正直「コミックありき」と言うか、コミックの読者でないとわかりにく話の展開になっていて、2時間と言う上映時間の割には作りに荒さを感じました。

その分はキャラクターの魅力で補ってる感じかな?

だとしたらそれは私には大成功、話の流れなんて気にならないくらい彼女の魅力の虜になりました。

10123.png

このハーレイ・クインのかわいさの前ではストーリーなど無意味ではなかろうか。

それくらいかわいい、めちゃくちゃかわいい、私の好みにドストライク、彼女を見てるだけでシーサイド・スクワッドに☆5つ付けたくなる。

一応ウィル・スミスとかも出てて、結構主役級の扱いでもあるんだけど、ハーレイ・クインに釘付けで他どうでもいいと思えたごめんなさい。

ハーレイは仕草もいちいちかわいく、時々、彼女がそれまで周囲の人から辛く当たられたんだろうなと推測される発言さえあったりして、この映画におけるハーレイのステータスが伺えた。

バッドマンて私コミックも映画も全く見たことないのだけれど、本筋の作品ではどうあれ、ジョーカーとハーレイの恋を応援したくなりましたね~、ジョーカー、ビジュアルはどうあれラストとかカッコよかった。

キャクター先行の映画はどうしても内容が薄くなってしまうのか、作品としてはイマイチでしたが、とびきりかわいい女の子を見ることが出来て私は大満足でもありました。

とにかくかわいい女の子が見たい!と言う方にオススメです。



・・・そういえば「ウォーキング・デッド」も原作はコミックですね。

海外のコミックは絵柄がニガテですが、ドラマや映画化しても映えるものが多いのはすごいなぁと思います。

日本の漫画を実写化したものって・・・バラエティ感が強くなり過ぎて、原作ファンを落胆させてしまうケースが多いような。

まぁ大人の事情とか色々あるんでしょうね。

日々見てる「ブレイキング・バッド」はシーズン5に突入し、面白さ加速中。

これからもエンターテイメント好きおばさんとして、手当たり次第に映像作品を見ていきたいと思います。



~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです