記事一覧

白髪との戦い

shiraga_zome.png

私はすごい白髪体質で、中学生の頃から既に白髪が1~2本常にありました(若白髪?)。

そんなありさまですから、40歳をいくつか過ぎた今は、染めても一ヶ月も経たないうちに生え際や分け目に白髪がどっさり!汗

多分染めなかったら2~3ヶ月で立派な白髪のおばあさんになれると思います。

20代くらいから髪を染め始め、名称もカラーリングから白髪染めに変化しましたが、定期的にやらなければいけないわずらわしい習慣であることには変わりありません。

私の友達には私より年長でも、ほとんど白髪が生えない方もいて本当に心の底から羨ましいと思います。

白髪体質っていうのは何なんでしょう、遺伝とかするんですかね。

だとしたら子供たちにちょっと申し訳ないかも。。


毎月してるカラーリング、ある日突然異変が・・・


20代から30代の半ばくらいまでは家で市販のカラーリング剤で染めることが多かったけれど、ここ十数年は近所の美容院にお願いしています。

家で自分で染める方が経済的なんだけど、やり続けると髪がパサつくり、後ろの方とかが上手く染められなくて。。。

そんな感じで毎月1回は美容院に通っていて、それで満足していたのですが前回染めてもらった後、これまでにない頭皮のかゆみに襲われました。

特にうなじの上の辺りに猛烈な痛痒感が。

そこで、これは一時期ニュースで騒がれていたカラーリング剤によるアレルギー反応というやつか?!と一気に不安に。

なので少し調べてみました。


 ヘアカラーアレルギー

市販のヘアカラーや美容院のカラーリングでも広く使用される酸化染毛剤 にはPPDA(パラフェニレンジアミン) などのジアミン系の薬剤が含まれていて、これがかぶれや痒みなどのアレルギー反応を引き起こす。
一度アレルギー反応を起こして しまうと、その後もずっとアレルギーは続くと言われ、使うた びに症状がひどくなる恐れもあります。
ひどい場合は頭皮のトラブルだけではなく、顔がパンパンに腫れることも・・・!




えー、すごく怖いんですが。

ジアミン系の染毛剤はしっかり染まるので白髪には良さそうだけれど、リスクも結構あるみたいです。

かと言ってヘアマニキュア程度では私のわさわさ白髪は染めきれないし、今よく宣伝している「カラーリングも出来るトリートメント」系も私以前使ったことあるのですが、タオルに延々色が移るし、お風呂場も汚れるので出来れば使いたくないのですよね。。


カラー前に気をつけたい基本的なコトとは?


色々カラーリングについて調べてみたところ、カラー後の痒みはその時の自分の体調に大きく左右されることがわかりました。

また、とある、美容師さんのブログでも気になる情報を発見しました。

それは「カラーリングの前日は髪を洗わないこと」。

前日髪を洗わず、頭皮に適度に油分が残った状態でなら、カラーリングの刺激が和らぐそうです。

聞いてみると「なるほどー」です。

自分の皮脂がバリアになってくれるのですね。

幸い今行っている美容院には普通のカラーの他に、色は限定されてしまう&染め上がりが通常のカラーリングより劣るけれど、非ジアミン系で髪や肌に優しいカラーリングのメニューもあるようなので、もし次回、体調を整えて前日に髪を洗わずに行ったにも関わらず、また痒みが出るようであれば美容師さんに相談してカラーの種類を変えてもらおうと思います。

還暦くらいになったら染めるのはやめて、銀髪マダムもどきを目指してみようかなと思っているけれど、それでもまだまだカラーリングのお世話になる日々は続きます。

体への負担が少なく仕上がりも美しい、そんなカラーリングが理想ですよね。

次はどうか痒くなりませんように、と祈りながら、これから美容院の予約をしたいと思います。

~参加中~ 

にほんブログ村



ダウン症児育児ランキング

スポンサーリンク

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです