記事一覧

作業所見学に行って来ました

すっかり秋めいて来ましたね。

初夏に植えた鉢植えの花もだいぶ元気がなくなって来たような?

そろそろ植え替え時かも。

9271.jpg

別れを惜しみ摘んで飾ってみる。

私はずぼらなのでちゃんとしたガーデニングとかはとてもじゃないけど出来ません。

だから庭の鉢植えは二つだけ、と決めてます。

自分が世話出来る分だけ、本当にちょっぴりではありますが、育てた花を愛でる時間が楽しいです。





さて、昨日はM市にある、育成会系列の作業所Jさんの見学に行ってきました。

来年度、わが市育成会でも生活介護作業所を開設予定だから、見学させて頂いて運営方法等の勉強をするため、です。

育成会の先輩方と待ち合わせ、高速に乗って現地まで行ったのですが、思いの他道が空いていて、Jさんとの約束の時間まで1時間近く早く着いちゃったよ、どうしよう?ってことで、近くにあった道の駅に立ち寄りました。


9276.jpg

道の駅・とうじょう~。

私がいつも行く道の駅猪名川より豪華な道の駅でした。

地元の特産品もすごーく充実していて、先輩方も新鮮なぶどうや枝豆などをご購入されてました。

私も枝つきの枝豆買いました♪

コンビニやお食事処、きれいなトイレもあって、また行きたくなる道の駅でした。

9274.jpg

めだかもいたよ!!

9275.jpg

こんなに間近でめだか見るの久しぶりかも。

店内にはアクアリウム?みたいな感じで水槽に入っためだかも展示されていました。

家族連れで行っても楽しめそうですね。


スポンサーリンク



道の駅で楽しく過ごし、気付くとJさん訪問にちょうどいい時間。

ナビを頼りに現地に向かうとほどなく見えて来ました、M市育成会系列生活介護施設Jさん。

注:育成会として行き、許可等頂いて撮影もしましたが、このブログは私個人のブログなので、Jさんの名称及び画像の公表はいたしません。生活介護作業所としてこういうところもあるんだなぁと言う情報として、作業所のある環境と私個人の感想のみをご紹介します。

Jさんはものすごく自然がいっぱいな所にありました。

9272.jpg

そうですね、例えるなら・・・

牛が飼いたくなるような?

それくらい広大な敷地に囲まれていて、それらは市所有であるものの、管理をJさんが任されているらしく、併設された畑の一部や歴史的文化財みたいな古民家も含めて、地域の人達の一緒に運営されているそうです。

9273.jpg

作業所の敷地内には多数の花の苗が置かれ、端っこには里芋らしき畑もありました。

作業所の販売品として花の苗はやはり人気のようです。

ではここから、私が見学して心に残ったことを書いていきます。

**************

<施設内>
・施設入り口入って正面にスタッフさん用事務所、事務所背面に身体障害者用更衣室及びトイレ。

・入って右側に作業室、食堂と併用なのか食器棚、コンロ、冷蔵庫有。

・作業室壁面一角にホワイトボード、その日の出席者の顔写真や、スケジュールがイラストや写真で提示。

・入り口入って左側に男女別の更衣室とトイレ、倉庫有。

<見学した日の作業内容>
・木製ののれん玉を利用した干支の置物作りをしていた、それぞれのパーツごとに担当が決まっており、電動のこぎりを使った作業も行われていた、置物のデザインは指導員さんが考え、材料は地域住民が寄付した資材を活用。

・刺繍の敷物作り、スウェーデン刺繍がこの日は行われていた、作業室の一角に手芸店並みの色揃いの刺繍糸が収納された引き出し有。図案に従って利用者さんが刺繍。

<敷地内本部>
・古民家のような建物一棟を地域住民に開放すると共に合宿や来客時に利用しているらしい、古い建物ではあるが素晴らしく手入れされていて、玄関にはスロープも設置済み。


施設内を見学させて頂いた後は、スライドと共に施設長さんよりお話を伺いました。

Jさんで行われている行事や動作訓練についての説明など、とても勉強になりました。

お話を伺っていて思ったのが、Jさんはこの施設長さんだからこそ今この状態であるんだろうなぁと言うこと。

施設や指導員の都合ではなく、どこまでも利用者本位。

例えば販売品など、たくさん注文があるとつい利用者も指導員も無理をしてしまいがちではあるけれど、利用者がしたがらないことを「させる」くらいなら「しない」ほうがいい

社会人として、あいさつなどの基本的なことを利用者にも意識してもらえるよう心がけてはいるが、「させては意味がない」。

とにかく「させる」と言う考えがダメだと言うのが施設長さんの理念と言うか信念のようでした。

ご本人は「自分がいくらい理念を掲げた所で、それが支援員一人ひとりにまで行き渡っているかはわからない、だけど、長として、自分の理念を常に押し出して行くことが大切だと思っている」と謙遜しておられましたが、私達が見学しお話を伺った支援員さん全てとても感じがよく、施設長さんの理念を受け継ぎながら指導にあたっておられるように見えました。

そうそう、施設長さんの理念がよく現れているなぁと思うエピソードを一つ伺いました。

花の苗の販売と言うのは、多分どこの作業所においても貴重な収入源の一つで、売れば売れる人気商品。だけど、小さなポットに肥料を3粒入れて・・・のように細かい作業であるから、利用者さんはあまり好まない。注文は来ているし、材料も発注してしまったから、今年度はやるけれど、来年度以降やるかどうかは検討中である。

売れば儲かるし、需要もあるけれど、利用者さんが好まないことを「させる」のは間違っているから、以降は検討する。

これ簡単なようでなかなか出来ない、言えないことだと思います。

ここは生活介護であり、B型やA型ではないから、収入や作業効率ではなく、どこまでも利用者さん主体で運営する、と言う強い意志が感じられました。

見学させて頂き、お話を伺って改めて感じたのは、やはりこういう施設は人が大事なんだな、と言うこと。

運営する「人(特にトップ)」が何を優先するかで施設の空気が変わる。

どこまでも利用者さん主体のJさんは、福祉施設にありがちな独特の匂いも全くなく、掃除も行き届き、むしろどこから漂ってくるのかほのかに花の香りさえしました。

広大な自然の中、強い理念に従って運営されているJさんはどこから見ても完璧で、出来ればM市に家族で引っ越して行きたくなったくらいです。

来年開所予定の私が所属する育成会の生活介護施設にも、Jさんの理念や運営方法を少しでも取り入れることが出来たらいいなと思います。

***************

さて、施設見学を終え、帰路についたのはお昼過ぎ。

いつも割りと早めにお昼ご飯を食べる私はこの時点でもう「お腹が減って力が出ないよぉ」状態です。

ですが、なかなかちょうど良いお店が見つからず、その間に高速にも乗りどんどん地元に近づき・・・・

927.jpg

結局2時過ぎにほぼ地元なお店でおいしい和食を頂きました笑。

いやはや、もうご飯食べずに各自解散!てなるかとハラハラでした笑。

お腹ぺこぺこのぺこちゃんで食べた和食は脳と胃袋に染みた。。。


この日はお天気もよく、事故やトラブルもなく無事見学を終えることが出来て本当に良かったです。

伺ったお話を自分達の活動にも生かすべく、これからも頑張っていきたいと思います。


~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の高校生の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです