記事一覧

海外ニュースを見て思ったことアレコレ

なんだか最近ブログがおかしいです。

記事を書いて「公開」ボタンを押しても、どういう訳か「下書き」扱いになって公開されないのです。

私はFC2のブログは通算4~5年使わせてもらっていて、今は有料プランのお世話になっていますが、ちょこちょこ不具合を感じるのは相変わらずですね・・・昔「画像のアップロード」が出来なくなって四苦八苦したなぁそういえば。

更新作業に手間がかかると更新意欲も下がってしまうから、早く治って欲しいと切に願う。

*********

先日、姑からすだちをもらいました。

9191.jpg

・・・これ、すだちですよね?かぼすとかゆずじゃないよね?(この3つをよく混同してしまう)

爽やかで清々しい香りと酸味が料理に豊かな風味と華やかさを添えてくれるすだち、まずは焼き魚に添えて、お次はこれにつかいました。

919.jpg

いちごジャムです。

仕上げにいつもはレモン汁を使うのだけれど、代わりにすだちを絞ってみました、意外と合うね!

まだまだたくさんあるから、ポン酢作りに挑戦してみようかな、お義母さんありがとー。


スポンサーリンク





さて、ネットニュースでこんな記事を見つけました。

【海外発!Breaking News】叫ぶ自閉症の息子に「うるさい」と匿名の手紙 母親の反論に賛否の声(英)

記事の概要は・・・

・イギリスに住む自閉症の3歳のヘンリーくんは言葉が話せず、音を立てたり悲鳴をあげることでコミュニケーションを取っている。

・自宅庭でよく遊んでいるというヘンリーくんだが、楽しくなるとつい叫んでしまう。

・それを不快に思った近隣住民から、匿名の手紙がヘンリーくんの母ジェシカさんの元に届く。

・ジェシカさん、手紙の内容にショックを受け、フェイスブックで反論、賛否両論を呼んでいる

・・・てな感じでしょうか。

件の「匿名の手紙」をそのまま引用するのは多分まずいと思うので、私の主観で手紙の要点をまとめてみました。

全文(訳文)に関しては上記したリンクをご参照ください。

「匿名の手紙」の要点は3点(だと私は思った)。

・ヘンリーくんの叫び声等があまりに長時間長期間続いていて、自分は我慢の限界である。

・子供の面倒を見るのは親の責任であるのに、あなたはそれを放棄している。

・住民の迷惑を考慮して、対策を講じて欲しい。


それに対するジェシカさんの反論要点。

・子供の叫び声が聞こえた時にするべきことは非難ではなく心配だ。

・言いたいことがあるなら手紙ではなく直接私に言いに来なさい。

・未だに自閉症や特別なサポートを必要としている子供のことを理解していない人がいるなんて残念でならない。

・夜中に何時間も外で遊ばせてる訳じゃないし、今までこんな苦情は言われたことがない、近所の人たちはみんな私のことを擁護してくれている。



ん~~噛み合ってませんねぇ(汗。

なんかこう、ジェシカさんの反論に違和感を抱いてしまうのは私だけでしょうか?

「手紙」で指摘されているのは「(ヘンリーくんの)叫び声」が「迷惑」である、と言うことなのに、それに対してどうして「自閉症や特別なサポートを必要としている子供」云々と言う言葉が出てくるのか。

「自閉症や特別なサポートを必要としている子供」のすることは、どんなことでも、それが赤の他人であっても、許容するべきだとジェシカさんは思っておられるのかしら。

そんなわけないよねぇ。

自閉症だろうがダウン症だろうが、叫んだらうるさいよ、うるさくして人を不快にさせるのは良くないことだよ。

この記事では「こういう出来事が賛否両論を呼んでおります」的にしか扱ってないけれど、多分この手の話題ってメディア的には「デリケートな問題」として結論を差し控えざるを得ないんだろうけど、いち障害者の親として言っちゃうと

子供に障害があろうとなかろうと、人に迷惑かけたら(迷惑をかけていたことがわかったら)まず謝りましょうよ。

その上で、「うちの子はこれこれこういう特徴があって」などお互いに理解し合い、分かり合うための努力をした方がいいんじゃないかなぁ、「うちの子はこれこれこういう特徴があるから【仕方ないでしょ】」的言い訳じゃなく。


子供を「かわいそうな子」にしないために出来ること



この記事を読んで、私は以前経験した某ファミレスでの出来事を思い出しました。

~~~~~~~~~~

ファミレスでお昼ご飯を食べていると、通路を挟んだBOX席の家族に目が留まりました。

お母さん、お父さん、そして多分2~3歳の小さな男の子。

子供用のイスに座ったその男の子は、退屈しているのか食器に自分のフォークをぶつけています。

店内に鳴り響く、その子がたてる「かんかんかん!!」と言う大きな音。

でも、お父さんもお母さんもまるでその音が聞こえないかのように二人で会話をしています。

男の子の行動をとがめたり、もう食事も済んでいるのにフォークを取り上げることもありません。

フォークを食器にぶつける「かんかんかん!」と言う音は、私が食事を終えても続いていました。

~~~~~~~~~~~

「かんかんかん!」を聞きながら私は思いました。

この子はかわいそうだな、と。

もし、この子のご両親がフォークを取り上げるなり、たしなめるなりしていたら、たとえその行動が止めることが出来なかったとしても、周囲の人は「小さい子は仕方ないよね、お父さんお母さんも大変だよね」と思い、子育て経験のある人なら、自分が子育てしていた頃の事を思い出し、この家族のことを暖かい目で見守ることさえしていたかもしれません。

だけれど、たしなめられることなく「かんかんかん!」を続ける男の子に対して周囲の人はどんな気持ちを抱くでしょう。

うるさい子(もしくは躾のなってない子)

それだけではないでしょうか。

親が必要な時必要なことを子供に教えない、と言うのは、周囲の人に「その子に対する悪印象を抱かせる」ことに他ならないと思うのです。

もちろん何が良くて何がいけないことか教わる機会の損失はその子本人にとってもデメリットですしね。


他者への的外れな期待は自分も子供も苦しめる


子供が問題のある行動をしている、そして親がそれをどうにかしようとしていない場合に生じる周囲の人間が抱く感情、これは「匿名の手紙」に記載されていることにも現れていると思います。

子供がうるさい、そしてそれを親が放置している、もしくは放置しているように見える。

これが「ご近所の人」が「匿名の手紙」を出すまでに至った理由ではないかなと。

叫び声を上げる子供に親は必死で対応しようとしている、でもそれが上手くいかないようだ。

それなら周囲の人は「仕方ないよね」と思ってくれるかもしれません、あくまで「かも」ですが。

そう考えると、「仕方ない」ってのは、周囲の人が本人及び関係者(親)に対して使うと暖かく、本人及び関係者(親)が他者に期待すると一気に感じ悪くなる言葉なのかも。

障害があるんだから仕方ないでしょ。

発達障害の周知がやたら急速に広がった昨今、似たような言葉を周囲の人から聞く事も時々はあるけれど、私はそれは言っちゃいけない言葉だと思う。

障害者の親は忘れちゃいけないよね、周囲の人には自分の子供を、障害を、理解する義務なんてないってことを。

だからこそ、理解してもらえたらありがたいと思う、感謝する。

なんで障害者の親だからってそんなに回りに気を使わなければいけないの?と思うかも知れない。

でもねー、「自分に関係ないことに理解を示すことの出来る人」って普通に尊敬出来るし、それが自分や自分の子供に向けられたものなら感謝するのも当たり前じゃないかな?

私はそう思いますですよ。


共に生きるのに必要なのは争いではなく対話


みなさんは「障害者」と言う言葉をどのように表記しますか。

私は面倒くさがりだし、表記と言うものにそこまで意味を見出せないので漢字変換で1発目に出てくる「障害者」と言う字を主に使っています、すみません。

でも正しくは「障碍者」なんですよね。

この「碍」の字は「礙」の略字です。

でもってこの「礙」は「さしつかえる」と言う意味の漢字、つまり障碍者=何かを行う際さしつかえを抱えている人、と言う意味になるでしょうか。

道を歩いていたら大きな壁もしくは大きな石が落ちていて、前へ進めません。

どうしたらいいだろう、と壁や石の前で困っている人。

それが障碍者だとしたら、壁や石とはなんでしょう。

身体的な不便や知的な限界、情緒上の不可抗力もあるでしょう。

けれどもそれと肩を並べるほどに大きく立ちはだかっているものがあると私は思います。

「障害があるんだから仕方ないでしょ」的に他者へ理解を強要することは、それを更に大きくする行為だと私は思います。

そして「さしつかえ」は「生きづらさ」へ繋がって行く。

ただでさえ「さしつかえ」は持ってる子供なんだったら、親はせめて「さしつかえ」がこれ以上大きくならないよう努力したい。

共に社会で生きていく上で障害者の親に必要なのは、「障害があること」を盾に他者を敵視することではなく、「あなたに理解する義務はない、でももし理解してもらえたなら私達はとても嬉しい」と言うスタンスではないかなぁと私は思うのです。



~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の高校生の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです