記事一覧

多田銀銅山遺跡ハイキングツアーその②

多田銀銅山遺跡ハイキングツアーその①の続きです。

***********

静思館を後にし、向かうは本日のメインイベント多田銀銅山!

古民家と呼びたくなるような立派なお家が並ぶ住宅街を進むと、道端にこんなものが。

91617.jpg

銀山への道しるべですね。

もちろん右に進みます!

辿り着いた多田銀銅山「悠久の館」。


91615.jpg


こちらは多田銀銅山の歴史を紹介する施設で、館内には多田銀銅山に関わる鉱石、鉱山道具、絵図、古文書などの資料が展示されています。


91612.jpg


トイレや交流スペース、テラスもあるので、休憩の場所としても利用できます。

私達もここで30分ほど休んで、館内の展示物の説明を聞いたりお茶を飲んだりしました。


そしてまた歩く。

91614.jpg

この辺から道が険しくなって来ます。

91613.jpg


そして次に立ち寄ったのが「鉱山」には必ずあると言われる「金山彦神社」。


91610.jpg

大同2年(西暦807)創建との社伝を持つ金山彦神社は、この地域の中心として銀山の栄枯盛衰を見守って来ました。

山の神おおやまつみのみことと、かねやまひこのみこと、かねやまひめのみことが祭神で、かねやまひこのみことと、かねやまひめのみことは、建国神話で知られるいざなぎ・いざなみのみことの子供と言われていて、鉱山の守り神、のち金属関係全ての守護神となり、同じ祭神をまつる神社が日本各地にあるそうです。

91611.jpg

この神社は江戸時代の最盛期の寛文4年(1644年)に建てられたそうな。

9168.jpg

この子かわいいわ~。

ガイドさんいわく「笑う狛犬」としてガイドボランティアの間で人気らしいです。


スポンサーリンク



お次はいよいよ多田銀山に入ります!!

9169.jpg

私達が見学するのは「青木間歩」と呼ばれる、鉱山入り口のひとつです。

青木間歩は唯一、坑道内を見学できる間歩(鉱山の入り口のこと)で、鉱脈をはっきり見ることが出来ます。

手掘りの露天掘りと削岩機などの機械を使って採掘された坑道の姿が今も残されています。

9166.jpg

9165.jpg

内部は温度が18度で、ひんやり涼しかったです。

9167.jpg

これは空気穴だそうな、よくわからなかったけど。

9164.jpg

青木間歩を出て数分のところにあった風や水と通すための穴。

9162.jpg

多田銀山の間歩は湧き水が多く、しばしば水没することもあり、あの平賀源内が安永元年(1772年)に排水技術指導をしに来たこともあるそうです。

確かに坑道の中は壁が水を含んでいて、あちこちからしずくが滴っていました。

当時の作業員さんは常に湧き出る水と戦いながら鉱物を掘っていたのでしょうね。

*********

多田銀山の見学を終え、いよいよ帰路についた私達。

帰り道は3~40分・・・と聞いていたけれど

9163.jpg


916.jpg


なにこの険しい山道。


アップダウンが激しく、大小の砂利が地面を覆う、少しでも気を抜くと足元が滑る山道!!

こんなとこ通るの熊かまたぎくらいじゃないかと思ったわ。

それでも必死で歩いているとガイドさんいわく「ほら、その辺の地面に穴が開いてるでしょ?それはイノシシがミミズをとるために掘ったた穴よ」。

・・・ほーら、イノシシ出るんやん、素人が歩いていいとこちゃうんちゃう?

な疑問が込みあがってきた。

山が深くなるにつれ、どういう訳か池や沼も増えてきて、しかもフェンスも柵も何にもなくて道から1メートルずれただけで入水の危機。

青緑に濁った池は中に何がいるか全く不明、幼少の頃より「池や沼には人の顔をした大蛇がうごめいている」というよくわからない幻想を抱き続けて来た私は恐怖に慄くしかないシチュエーション。

一刻も早くここを抜け出したい!と思えば思うほど、トラップのごとく敷き詰められた砂利や湿った落ち葉に足をとられ・・・でも、命の危険を感じているのは私だけのよう、他の参加者さんは楽しげにお喋りしながら歩いています。

やはり日本の高齢者はすごい、アラフォー程度じゃ太刀打ちできない。

心の中で白旗をあげ、補聴器や杖の力を借りながらも見事な健脚を披露し険しい道をがしがし歩く人たちの背後をびくびくしながら帰りました。

**********

結局帰路は予定より遅れ、13時解散のはずが13時半解散になってしまいました。

途中おじいさんが一人行方不明になってしまったりしたけれど、参加者全員無事歩き抜き、猪名川町役場の職員さんの「おつかれさまでした」の声とともに解散しました。

いやー、予想していた以上にきつかったです、このハイキング。

でも、長年住んでいるにも関わらず知らなかった町の歴史や観光名所について学ぶことができ、とても有意義な時間が過ごせたと思います。

また機会があれば(もう少し軽めのプランで)参加したいです。


~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです