記事一覧

「ピンポーン」から始まるインターフォン越しの攻防戦

最近やったらめったらセールスの人が家にやって来ます。

多い時は一日に4人!

こっちの都合も考えずに突然やって来る「ピンポーン」の音に、度重なると殺意すら沸いてくるのは私だけでしょうか。

906.jpg

うちは宅地開発されてかた15年~20年ほどの住宅地にあり、この所ご近所では外壁の塗り替えや内装のリフォームをされるお宅が増えて来ました。

そのせいでセールスが激増してるのでしょうか。

そういえば

「このご近所で工事させてもらってますので、ご挨拶を・・・」

と言う第一声なセールスマンが多いです。

それをまともに信じて玄関開けちゃったら、「お宅の外壁もだいぶ傷んでますよ」「そろそろ塗り替えを」云々が始まってしつこく食い下がられること必須。

なので私はインターフォンの段階で

「うちはご挨拶は結構です、はいどうも」

と言って断ります。

てかご近所で工事してるからって「ついで」に勧誘しに来るなや、と思う。

外壁塗り替えるのにいくらかかると思ってるねん、そもそも飛び込みで勧誘に来るような業者の見積もりなんて信用できるかい!とも思う。

このやっかいでうっとうしいことこの上ない訪問者、みなさんはどんな対応をされていますか。

以下に私がとった対応をまとめてみました。


スポンサーリンク





色んなセールスがあるので種類ごとに分類。

①太陽光発電系

そのまんま「太陽光発電をつけませんか」と言うセールスです。

セールスの中ではまだ私はこれ系は良心的な印象です、だって「太陽光発電の勧誘です」と最初からわかるから。

なので「興味ありません、ご苦労様です」とでも言えばOKです。


②換気扇フィルター系

「換気扇フィルターの交換点検に来ました~」

と、あたかも日頃からわが家に出入りしているかのようにやってくるのがこれ系。

「うちはそういうのお願いしてませんので結構です、いりません」

と私は即追い払えますが、一度母が対応した時家に入れそうになっていました、危ない危ない。


③オール電化しませんか系

こちらもそのまんまですね、これ系に対するわが家の返答は

「既にオール電化です、はいどうも」

だってほんとにもうオール電化なんだもん。

道からエコキュートの本体見えてるはずなんだけどなぁ。。。


④何なのかわからない系

「(わざと小さな声でぼそぼそ何か言ったのち)ですので、玄関口までお願いします~」

これが一番頭に血が上ります、とりあえず玄関口まで誘い出せば後は何とかなるだろうと思っているのでしょうか、なめられたもんですね。

こういう場合は吹き荒れる胸のうちを押し隠し、あくまで冷静に

「どういったご用件でしょうか?」

と相手がはっきり訪問の目的を白状するまで聞き続けます。

続ける理由なんてなくて相手が言わなきゃ言わないで2回くらい聞いて答えなかったら受話器を叩っ切ればいいだけなんだけど、血が上ってるから続けてしまう。

そのうち「あの、屋根の葺き替えを」とか「外溝のリフォームを」とかしぶしぶ言うのでそしたら断る。

いつか「あのね、わざと小声で喋って相手を誘い出そうとしてるでしょ?そういうのって人としてどうよ?」とか言ってしまいそうな自分が心配。


⑤番外編:おそらく宗教系

「家庭平和を考える会から来ました」

「最近怖いニュースが増えて来ましたが」


などから始まる、ごく普通のご近所の方々(時には名前を名乗ることさえある)が多分善意から回っておられる系。

これにはセールス系のようにつっけんどんな対応をするのは申し訳ない気がします、だって何を信じるかはその人の自由ですもん。

でもインターフォンで延々話続けるのもこれ系の方々なので、話をされている息継ぎの時を狙って

「すみません、うちは結構です、ご苦労様です」

と言って断るようにしています。

*********

ちなみに、これらセールスに対して共通してよく使うのが

「今手が離せませんので」

です。

今まさに天ぷらを揚げている・子供のオムツを替えている、かのように臨場感を伴って言えばたいてい立ち去ってくれますが、中には

「では後ほどまた伺います」

「何時ごろなら大丈夫でしょうか」


と返してくるやからもいます。

これを言われるとこれまた私は頭に血が上り

「後から来て頂いてもうちは結構です、興味ありません、はいどうも」

などと言ってしまいます。

そして「いつか刺されるかも知れない」と思うのです。
(配偶者には「もし私が家で刺し殺されてるようなことがあればまずセールスマンを疑え」と言ってあります)





うちの母はインターフォンで喋ってセールスだとわかると、対応を父と代わるそうです。

なんせうちの父はそれなりの認知症で、しかも耳がかなり遠い。

インターフォンで延々

「・・・はい?・・・はぁ?・・・はい~?」

と父が言うと、たいていいつの間にか相手がいなくなってるそうな。

コミュニケーションが取れないのはセールスマンとしてもかなりやりにくいでしょうね。

まだしっかりしている母が隣にいる場合限定で最強のセールス撃退法かもしれません。

そう考えると、

・相手にしない

・会話を成立させない

と言うのがしつこい勧誘やセールスを追い払うのに大切なポイントのようです。

そうそう、セールスや勧誘が来た後は表札やインターフォンがある辺りを確認しておきましょう。

見慣れないシールや落書きみたいなのがあれば、セールスマンのみがわかる暗号な可能性があるため、見つけ次第撤去&消去です!


~参加中~
クリックして頂けると嬉しいです☆

にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みけこ#

Author:みけこ#
兵庫在住のアラフォー主婦です。家族は配偶者&大学生の長男とダウン症+重度知的障害の19歳の次男、猫2匹。仕事は介護職です。シンプルライフに憧れてます。よろしくお願いします。

■ホームヘルパー2級
■アロマテラピー検定1級
■FP技能士3級

検索フォーム

スポンサーリンク

  

アンケートモニター登録

ブロとも申請フォーム

~参加中~

応援して頂けると嬉しいです